« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月30日 (金)

コンシューマー機

先日、粗大ゴミを出した。

Wii Fit。

一辺30cm以上なので普通のゴミには出せないらしい。粗大ゴミの受付では品目を選ばなければならないので「ステップ台」にしておいた。間違いでは無いだろう。

Wii 自体、そもそも高い体重計(Wii Fit)ぐらいにしか使ってなかったのだけど、引っ越してから一度も火を入れることが無かった。一応、テレビを壁面に取り付けたときにはセンサーバーのケーブルは後ろに引き回したりしておいたのだけど、結局1年半近く繋ぐことすらなかった。つまりこれは使わないのだろう。

思い起こせば20年ほど前、上京してヨドバシカメラでSFCを買ったのが初のコンシューマー機だった。奴は4年ほど働いたか。その後、実家に親父の麻雀専用機として納品された。取って代わったのが、PSだ。忘れもしない愚弟の入試の日に受験会場まで送り、その足で開店直後のヨドバシカメラで初代PSを購入し、そのまま友人Oの家に向かった。受験生とワンルームで一緒にいるのはこっちが滅入る。なのでOの家に居候するための手土産だった。RRと闘神伝を買っていったと思う。

PSも実家に納めたかな。PS2は2回買った。初代と白い薄いのと。白い方のシークが怪しくなり始めたぐらいになって Wii を買ったのだけど、後で思えばPS2をやめた時点でゲーム欲はほとんどなくなってたんだなぁ。Wii はどっちかというと学生時代のVR研究の名残でインターフェースの興味だけだったんだと思う。買ったソフトも2本ぐらい。ダウンロードで1本。後は KEi さんから貰った N64 のマリオカートを死ぬほどやった。PS2の方はワンダと巨像をやってる途中で死亡した。

引っ越してからは iPad でちょっとしたタワーディフェンスとか数独やるぐらいだ。MGSみたいに息が詰まるのとか、FF的に長々と時間がかかるものをやれる自信が無い。今じゃハイドライド3 も無理だろう。一瞬 PS3 や PS4 も惹かれたんだけどなぁ。自分がやってる画が想像できない。買えばハマるかな。

学生時代は日がな桃鉄とかやってたものだけど、今はスポーツ観戦(スタジアム/TV)と飲み会、散歩や小旅行が時間の潰し方だ。歳を取った方が若者っぽい機動力のような気もする。

とりあえずこれで20年以上続いたオイラのコンシューマー機の時代が終わった。3DSじゃないDSとか Gameboy とかはあるけど。あるはずだけど。どこに仕舞ったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月29日 (木)

二日酔い

久しぶりに中々の二日酔いになった。

そもそもの飲み会が20時スタート。40オーバーのオッサンばかり10人で集まって飲む。2時間半の飲み放題だったので店を出たのが23時前。そこから2軒目へ。オイラが学生時代に良く弁当を買った焼き鳥屋である。デカい焼き鳥を食ってビールを2杯ぐらい飲んでから、帰り方向が同じ元上司2人と一緒にタクシーへ。
元上司2人は後ろ、オイラは助手席に乗っていたのだけど、帰る途中で何を思ったか、止めて貰って慌ただしく挨拶をして降りてしまった。この時点で強かに酔っていたのだと思う。

「こんな時間に珍しいね」と言われて行き着けの扉をくぐって結局2時の閉店までハイボールを飲んでいた。タクシーに乗る気分では無いので徒歩で帰ったら結局2時半ぐらいだったか。その後記憶が無いけど、コンタクトを外して歯磨きをしたのは確かなようだ。

起きたら頭痛は無いけど胃がむかつく。かつ起きると何かしらんがツラい。立つともっとツラい。なんだろうな、太股の軽く痺れる感じは。脱水症状か?
いやー、久々にここまでの二日酔いだわ。てか、もう2時まで飲むとか無理なんだなー。とりあえず風呂に湯を張って沈む。水分補給。

平日なのでオフィスに向かいますけどね、まず歩行速度が出ない。後、何故かうつむき加減になるのな。
常日頃、徒歩通勤してると、何故か前向かずに自分の足元見てあるいてるオッサンを結構見かけて、「なんで前見ないんだろう。危ないし」と思っていたけど、あれは皆二日酔いなのかもしれん。

結局、昼に蜆の味噌汁とコンビニおにぎりを食った辺りで脳味噌が回り始めて、その後急な来客があったので30分ぐらい黙って話を聞いていたら、というか聞く振りをしていたら回復した。

昨日の飲み会で撮った写真を見直したら皆さん良い笑顔だった。良い歳の取り方をしたというか、良い歳の取り方をした人しかこういう集まりには顔が出せないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月28日 (水)

削除依頼

過去から現在まで色んなサイトの製作や運営に携わっていると、たまに削除の依頼がやってくる。
運営サイト中の情報が間違ってるとか都合が悪いとかなら運営責任者が判断して、削除するとなればCMSでやってもらうなり、オイラに依頼が来て粛々と消すわけですが、「検索結果を消せ」というのがほとんどなのです。

Google なり Yahoo の検索結果にお前のところのページが出てくる、その商品はもう売ってないから出ると不都合だ、消してくれ、といったようなもの。以前の価格が出ると不都合とか。

既に当該ページは元のサイトには無いのですよ。検索エンジンのサイトに出てるんだから、Google なりに削除依頼だすのが筋だと思うのだけど、何故検索結果のサイトに問い合わせてくるのか。
WWW(インターネット)の仕組みを良く分からないで使う人達が本当に増えたんだなぁ、と思う。まぁ技術が浸透していくと仕方ないことなんだろうけど。上水道の仕組みを知らなくても水は飲めるし、発電とか変圧の理屈をしらなくても電気は使える。

でもまぁ迷惑なんですよ。それも、きまって居丈高なのよね。「さっさと消せ。いつまでに消えるか確認して教えろ。他にも掲載されてるページがあるからそれも消せ」とか。どうみても「お願い」「依頼」じゃない文面で日本語も不自由なのかも知れないという感じ。

一応、削除依頼は出せますけど、別にサイトオーナーじゃなくても出せるのよ。
古い情報や削除された情報を Google から削除する - ウェブマスター ツール ヘルプ

この問い合わせを電話で受けたときなんか最悪ですからね。訳の分からんオッサン相手に「いつ消えるんだ、こっちは迷惑してるんだ、今すぐ消せ」とリピートされて「こちらでは管理してないので分からないんです。検索サイトの運営会社に問い合わせて下さい」って返すのを30分ぐらい繰り返してたりね。

もう少し全体の底上げしてくれると嬉しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月27日 (火)

花粉予報

この春 都内の花粉は去年の約2倍に NHKニュース

オイラは幸い花粉症では無いのだけど、この手のニュースは年末年始によく見かける。ほとんどが脅しのような記憶があるし、何故か相対的だ。去年に対して、というのは実際花粉症の人の参考になっているんだろうか。「去年の夏より暑いでしょう」って言われてもピンと来ないけど「気温34度」と言われればどういう服装すべきかある程度分かりそうなものだけど。

後、もう一つ思ったのが、毎年上回ってくるボジョレーシステムになっているのでは無いかと。

ということで、ウェザーニューズ社が出してるリリースから拾ってみた。ウ社は花粉シーズン終了後に毎年まとめを出しているのだけど、それによると実績値として以下のようだったらしい。やはり前年比/昨年比が多いのだけど、ここ最近は平年比を使う傾向がみられて昨年比の抽出が面倒だった。

2008年:2007年の倍
2009年:81%増
2010年:昨年比33%
2011年:昨年比559%
2012年:昨年比51%
2013年:昨年比205%
2014年:4割減

ボジョレーシステムでは無いようだ。ちゃんと下がるときは下がってる。わしゃ花粉症じゃ無いから気づかなかったけど2011年は阿鼻叫喚の地獄絵図だったらしい。さて、当然ウ社も予想を出しているわけです。10月〜12月ぐらいのものを見ると

2009年:同等かやや多い → 1.81
2010年:ほとんどのエリアで半分以下 → 0.33
2011年:今年の5倍に → 5.59
2012年:3割程度 → 0.51
2013年:7割増 → 2.05
2014年:昨年比80% → 0.6

というわけで2009年以外はまずまず当たっているのではないだろうか。そこで、2007年を100とすると、先ほどの実績値(?)は以下のようになる。

2008年:200
2009年:362
2010年:119.5
2011年:667.8
2012年:340.6
2013年:698.2
2014年:418.9

指数で比較してみると、「今年の5倍でしょう」と予想された2011年よりも「7割増しでしょう」と予想された2013年の方が地獄だったことになる。これ、予想の文言のインパクトが随分違わなくないかい?

ちなみに今年の予想は

2015年:5割増

ということなので、来年も2013年、2011年級の地獄になりそうである。NHKの予報通りだと昨年比2倍の首都圏は「ここ10年で最高の出来」かもしれんね。そして眼科医の友人も業火に焼かれるのであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月26日 (月)

中館引退

昨日の中山6Rで中館が引退したらしい。写真みたらいつの間にか完全にオッサンになってた。

普通はヒシアマゾンかもしれないが、オッサンはツインターボと言うだろう。ツインターボの中央22鞍のうち6鞍しか乗っていないのにインパクトは最高だ。

個人的にはどうにも騎乗が好きじゃ無いし、自分の馬券と相性が悪いので好きじゃ無かった。49歳で歴代9位の勝ち鞍だそうな。そんなに勝ってたのかねぇ。

田辺とか丸田とか、顔と名前が一致しないジョッキーが増えてきて歳ですかねぇ。そんな田辺が見事に逃げ切ったAJCC。何故か有馬3着のゴールドシップが出てきてゲート前で尻っぱね。圧倒的1番人気から7着に吹っ飛んでてワロタ。今年もこの馬に振り回されるんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月23日 (金)

七賢

先日、イベントで七賢の専務とお話しした。

七賢と言えば甲州街道台ヶ原の宿にあり、白州も近いこともあって、何度訪れたか分からない蔵である。オイラのイメージでは酸が強く、少し昔っぽい酒を造るところだった。

それがいきなり出された大中屋という純米大吟醸の瓶が違う。非常に特徴的な重心の下がった背の低い透明の瓶だったのだけど、普通の一升瓶に濃紺のラベル、金文字で「七賢」とあり、右肩に「大中屋」とある。香りがフルーティで少し甘みを感じる酒だった。更に次に飲ませて頂いた直汲みの純米大吟はチリチリとした炭酸の感じが本当に今流行の而今、九平次辺りを意識した感じの酒。

聞けば、60過ぎの社長から息子さんの代に変わって出荷し始めたのが今年(年またぎで微妙なので実質去年なのかな)からなのだとか。お話ししてくれた専務はご長男で大学では経営を学ぶために東京で過ごし、弟が農大を出て酒造りをしているのだとか。専務、まだ30ちょっとだそうである。
曰く、2000石過ぎという一番採算の悪いサイズを脱却するために目指せ3000石ということで、色々商品開発をする一方で、『七賢』と言えばこういう酒、というのを目指して商品展開を絞っているんだとか。
七賢といえば、竹林の七賢から来ているので「阮籍」など賢人の名のついた酒があったのだけど、それも縮小しているようだ。

「1回火入れ」「四季醸造」「純米比率」など酒だけで無く、「ラベルの統一」といったマーケティング要素にも力を注ぎ、売れる酒を目指して模索中、というところであった。冷やで飲んで欲しい、と言われたけれども、後の方で飲んだ酒は冷やだと少しドライすぎて味が乗ってない感じのものもあったりで、この辺りを改善していくのだろう。

売れる酒、というと市場に迎合した、という感じで、ちょっと五月蠅い自称酒好きはあーだこーだ言うかも知れないけれども、専務の「僕は経営者ですし、従業員もいます。お酒を造る人に良い生活をして欲しいんです」という言葉が真であれば応援したいと思う。

少し若さと、それ故の危うい勢いも感じながらも見守ってみたいなぁと思ったのでした。

【七賢】山梨銘醸株式会社

SHICHIKEN HOT NEWS BLOG -七賢ブログ- » 第37回 酒蔵開放のお知らせ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月22日 (木)

MDR-NWBT20N

DR-BT160AS というソニーのヘッドホンを愛用していたのだけどバッテリーがおかしくなった。どうも使わなくても勝手に放電していくようだ。以前、修理に出したときに、既に生産終了品だと聞いていたのでそろそろ買い換える時期なのだろう。

求めるスペックとしては Bluetooth 接続が出来て、出来ればノイズキャンセル機能がついてるといいな、というところ。先日、DR-BT160AS をジムのロッカーに置き忘れて半ば諦めた時に検討した安すぎるヘッドホンにした。MDR-NWBT20N って奴。
こういうとき届くのに何日かかるか分からない通販は不便だし、せいぜい数百円安いぐらいだったら良いですよ、と週末の散歩がてら量販店へ。

まぁ沢山あること。色々カテゴリわけされているのだけど「ノイズキャンセリング」で「Bluetooth接続」という和集合のものがどこにあるのか分からない。3周ぐらいしてやっと発見。

で、早速使ってみた。ノイズキャンセルは昔使ってたことがあったので、電源を入れたときの「シャー」というホワイトノイズの感じは余り変わらないかな。でも、車や電車の中のノイズの消えっぷりは中々だ。これで6000円は安いんじゃ無いかなぁ。もちろん密閉型に比べれば劣るんでしょうが、ワシあれ苦手なのでな。

DR-BT160AS は後ろに硬めのケーブルが張り出して左右を繋ぐ感じだったので、新幹線や飛行機の座席にもたれようとすると当たって不便だったのだけど、今度の奴は普通のヘッドホンケーブルなのでその心配は無い。その一方で、永らく忘れてた左と右がこんがらがる現象が起こってストレスですよ。朝家を出るときとか、ちょっとポケットに入れて出す時とか「んもー」って感じになります。ボリュームや曲選択なども手元で出来るので、まぁ良いんじゃ無いでしょうかね。ムダにNFC載ってるらしい。iPhone 5使いには関係ないですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月21日 (水)

ダウンロードアプリ

友人から相談を受けた。

語学の勉強用にと数千円で iPhone アプリを購入したらしい。で、まぁ使ってたんだけど、この度 iPad を入手したので、そちらでも使えるようにと思ったのだけど入らない。App Store の購入済にも出てこない。

あー、それ iPhone 用アプリだからじゃね?と思ったけどそうでもなく、普通に検索しても出てこないらしい。

んで、色々調べたらデカいバグがあって開発会社自体がアポー出禁になったらしい。
ロングマン現代英英辞典などを販売していたEnfour社アプリがすべて販売停止に 勝手に懺悔ツイートしたことが原因か

海賊版アプリに苦しんでいた同社はその対策機能として、海賊版アプリ使用者のTwitterアカウントを使って自動的に「海賊版を使っている」という旨のツイートを投稿するという機能を実装していました。
  しかしこの機能のバグにより、正規購入者でも同様のツイートがされるということがあったそうです。これが問題となり、謝罪とバグ修正も発表されています。

昔、MIDIプレーヤーで不正なコードで登録すると、そのPC(Windows)のHDDの中を消去するってギミック仕込んだシェアウェア開発者がいて炎上してたような覚えがある。あの頃は炎上って言葉もなかったな。え?MIDIって何かって?そうか、近頃はDTMって方がメジャーか。

まぁ上記のような流れで開発会社もろともソフトも App Store から駆逐されたと。となると、もうダウンロード出来ない訳なんで、新規購入は出来ないんだけど、それはまだしも一度購入して削除した人とか、友人のようにデバイス買い換えた人もダウンロード出来ないってことになる。数千円払って買ったのに。

電子書籍とかコピー回数制限のある映像ソフトなんかの時も思ったけど、結局何にカネを払ってるんでしょうねぇ。

件のソフトはその後別の会社として無料ソフトがアップロードされていて、アプリ内課金で辞書データを買う形になっていた。ダウンロード後にアプリ内からサポートにメールをすると、旧アプリの購入者は無料で辞書データをダウンロード出来るように向こうのサーバ設定を変更してくれるようで、目出度く使えるようになったらしい。
エヌフォー、販売停止になった辞書アプリのInApp購入版を公開

が、こんなの調べて対応出来るユーザって何%なんだろう。重複して買った人も多いんじゃ無いかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月20日 (火)

ラヴィン・ユー・ベイビー

ももクロは知っているわけで、確かに流石スターダストが揃えてるだけあって、どこぞの寄せ集めグループとは雲泥の差だな、とは思うものの、曲もビデオもちゃんと見たことは無い。たまにテレビでMV(PV)流れてるんだけど、40絡みのオッサンにはどうにも小っ恥ずかしいよな。

ということで、初めてPVを全部見た。

なにしてるんすかね、ポール=スタンレー。つーか、全編 KISS がコーラスでしか入って無くてなんだかなと思ったら逆バージョンもあるのだとか。しかし、BABYMETAL といい、ももクロといい、かつての HR/HM の重鎮がオッサンになって東洋の女の子に誑し込まれてるなんて当時は思いもしませんでしたよ。

PV見て思うのはメイクしておくと老けなくて良いね。デーモン閣下もそうだけど、変わらないもんな。ついでに言うと、エース=フレーリーがいなくなってたのも気づかなかった。
んで、この曲は40周年記念ベスト盤を更に日本向けに再編集したという、何回コスるのかという感じのベスト盤用に作られたようだ。

『ベスト・オブ・KISS 40』収録、話題沸騰のKISS vs ももいろクローバーZによる衝撃のコラボレーション・ソングは「SAMURAI SON(U.S.ミックス)」!

ライナーノーツは伊藤正則でお願いしたい。そしてやっぱり例の曲は昔ながらの邦題「ラヴィン・ユー・ベイビー」で収められているぞ。今の時代じゃ考えられない邦題センスだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月19日 (月)

10枚

今年ゲットした年賀状は10枚だ。出した枚数は例によって0。

行きつけのお店、保険の担当者、弁護士事務所、サーバ会社等。
宝くじの当選番号が昨日だったようで、調べてみたらボウズだった。毎年切手シート1枚ぐらい当たって、とりあえず交換するけどどうしたものかと思って会社の切手入れに入れるのだけど、今年は何も無い。

そういえば、毎年「俺はいらんよ。送ってきても送らんよ」と言っているのに「送り返さないのは分かってるし結構ですよ」と書いて年賀状を送ってくる大学時代の友人がいたのだけど、今年は送ってこなかった。嫁と旅行に行った写真とかを編集していくつも重ねたような凝った年賀状を毎年寄越してたんだけどな。
無いと無いで気になるというか、幸せな家庭を維持してるんだろうかと心配になるけど、メール送るほどお節介でもないので結局スルー。

しかし苦節何年目か分からないけど、ついにプライベートの年賀状を撲滅しましたよ。目出度い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月16日 (金)

あなたの「あ」

自分の名前の漢字を説明するのが恥ずかしい

そうか、優れてるとか素晴らしいとかいう意味の漢字の名前を付けられると確かに説明のときに恥ずかしいかもしれん。その点、オイラはそういう単品でステキな漢字が入っていないので普通の説明で済むな。

昔一緒に働いてた女性社員が電話口に向かって「あなたの『あ』です」と言っていて、何かと思ったら自分の名前を説明していてビックリしたのを思い出す。「貴」という字が入っている名前の人だった。そうか、あれは奥ゆかしさというか、言いにくいからああいう表現になっていたんだな。
ま、同じ島にいた別の男も同じ字が入っているけど、其奴は「貴族の『貴』です」と言ってドヤ顔してたけどな。奥ゆかしさのカケラも無い。

別で事務の人が先方に担当者名伝えるときに「聴」という漢字を伝えるのに「耳のついてる『きく』って字です」と伝えたら見事に「聞」の字で郵送物が来たことがあったな。両方耳ついてるやないかと総ツッコミ。

前も書いたかもしれないけど、高校の時の国語の先生曰く「親は理想を込めて子供の名前を選んでつけるもんだけど、実際はそうはならないものだよ」とのことで、その先生の名前が「秀夫」というオチ。奥様に対する良いExcuseだと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月15日 (木)

ギョムス

行き帰りの通勤路を少し離れたところに業務用スーパーがある。存在は知っていたけど行くことはなかった。
4年目にして散歩のついでにふらりと入ってみた。何があるのか興味あったので。

野菜は値段的には大して変わらないな、ただ思ってたほど質が悪いわけではなさそうだ。魚はよくわからんけど普通のスーパーの方が良さげに見える。肉は量多すぎ。でも安いのかなぁ、よくわからんなぁ。
結局、パスタとオリーブオイルがすんごい安かったので買ってきた。あの辺に取り立ててイタリアンが多い訳でもないだろうけど、何せ安かった。後は近所のスーパーで見かけないウエハースとか久々に見て心躍ったのだけど我慢。

んで、レジに並んでたら後ろからキーキーと黒板を擦るような不快な音が。
振り向くと長髪で前髪だけをワインレッドに染めた女子がカゴを床に置いて、列が進むときにそれを真っ赤なヒールで蹴って前に進めているようだ。育ちの問題以前に、服装と髪の毛のセンスから大陸方面の方だろうなと察しが付いたし、それなら仕方ない(育った環境が違うのだから)と思いつつも、キーキー音がするのは不快なので、オイラもちょっとずつは進まず、ある程度前方の人が進んだら一気に進む、というようにしていた。

会計が終わって袋に詰めていたら隣にめっちゃタバコ臭いジャケットの男が。と、そこに件の赤毛がやって来て日本語でニコニコ話し出したのでビックリ。彼氏彼女らしいが、日本人やったんかーい、と。普段立ち寄らないところに行くと普段見かけない種族がいるもんですなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水)

祐天寺

連休をあまり意識しないので、いつも直前になって気づく。
3連休の3日目は暇なので散歩に行くかと思ったのだけど目標が定まらず。フラフラと歩き始める。途中、馴染みの店で遅めの昼食+ワインを摂取。店を出たら風が強まっている気がするのだけど、歩き続けて気がつけば何とも中途半端な場所に。中目黒が近いが、オイラの中では行っても仕方の無い街ベスト3に入る。特に昼間は。残り2つは自由が丘とどこにしようか、池袋辺りで。

そういえば、中目黒の隣に祐天寺という駅があった。降りたことは多分ないけど何度か通過している。ということは祐天寺があるのではないかと調べたらあった。

「中目黒大使公邸」という良く分からない建物の横の坂道を上る。大使公邸といいつつ、国旗の類は全くあがっていない。帰宅してから調べたら賃貸物件として出ていた。300平米で4LDK+1メイドルーム、家賃120万とあるから、やっぱ大使公邸なの?謎。とりあえずオイラには無理ってか300平米で何をしろと。
坂を上りきって少し行くと、墓場と墓場の間をゆっくりと曲がる不思議な道にでるのだけど、この墓場が既に祐天寺の敷地だった模様。入って左に本殿。どうやら、表参道は別だったようだ。

伽藍はシンプルだが中々に大きい。元は増上寺の住持が目黒で隠居したいと言ったのが始まりのようで、さほど歴史のある寺ではないようだが、この祐天という住持は中々の坊さんで、幕府や御所に取り入る政治力を持ち合わせつつ、強力な除霊能力を持っていたらしい。すげー。怪僧ですぞ。

境内では着物の娘さんをカメラで撮る男女2人。レフ板まで持っていて本格的な割に装備がショボイのでなんだろうと思ってたんだけど、寺を出た後で「あ、成人式か」と思い当たった。カメラが趣味の親父さんが娘の写真を撮ってたんだろう。

正面から出て今度は坂を下ったり上ったりしていくと商店街ぽいところに出て東急の線路。これをくぐって北側に出ると、なんか石塔やら庭石がゴロゴロしている。最初は寺か公園かと思ったのだけど、そうでは無いようで。
線路脇、駅近の坪単価の高そうなところを石置き場にしてるというのが良く分からないのだけど、これ、庭石屋らしい。
庭石置き場の移設 | 店舗 | 高坂商店

東急電鉄祐天寺駅改良工事のため、工事期間中の支障となる庭石を移設しました。 新たな石置場は店舗北側の道路に面した隣接地で、以前と同様に庭石をご覧いただくことができます。
   管理上、入口のゲートが閉じている場合もありますが、お声かけ頂ければご案内いたします。 また、工事期間中、祐天寺駅側の進入路等が影響を受けることもありますが、予めご連絡頂ければ、店舗アクセスなどご案内させて頂きます。

はぁ。固定資産税とかどうなってるんだろう。

そのままの勢いで世田谷公園へ向かい、下馬の都営住宅ゾーンを抜け三茶の駅まで歩いた頃にはもう寒くて。電車に乗って帰って来ました。行き当たりばったりの割には結構面白い散歩だったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月13日 (火)

Top League 第7節 (2nd stage)

日曜は秩父宮へ。
トップリーグ最終節である。パナソニックは既に前節でプレイオフ圏内(4位以内)確定なので、残り3つが最終節に決まることになっていた。ただ、東芝はNTTコム、神戸製鋼はキヤノン、サントリーはトヨタと下位との対戦なので、カードとしての注目はヤマハがパナソニックにどこまでやれるか、というところだった。
最終節前にはサントリーが5位、ヤマハが4位だったが上記カード組み合わせによりサントリーがプレイオフ進出を決める可能性が高い、というのが大方の見方である。

秩父宮は、東芝vsNコム、神戸vsキヤノンの2試合。

天気は快晴、メインスタンド側や上空は時折強い風が吹いていたようだが、バックスタンドは良い陽気だった。前回パナ、サントリー、東芝、神戸が集まった時ほどは客の出足が良く無いが、それでも試合開始の頃にはバックスタンド中央はびっしりと埋まった。

1試合目の東芝とNTTコムは、はっきりと強さの違いが出た。特にFWの馬力の違いは明白。
ただ、大槻レフェリーってこんなヒドイ笛吹くんだっけ?というような感じで、ゴール直前のスクラムで何度もNコムのファウルをとるもののシンビンは出さず。と思ったら、18分、21分と同じくゴール前の2度のスクラムではあっさりとペナルティトライを与えた。ここまでシンビン1人も出さずに 10分ぐらいずーーーっとスクラムアゲインをやってた。途中で何か言われたのか、判定基準が変わったようである。いずれにせよ東芝がスコアしていたのは明らかだけど、基準が変わるのは最悪だ。Nコムとしてはシンビン取られたらどうせトライされてただろうし、助かったというところかしら。
個人的にはNコムが前節までキレていた友井川を外した采配が謎。リフレッシュの為だったそうだが、最終節だしねぇ。最後の最後にヤンチースが流れるような走りで1トライ決めたけど見せ場はそれぐらいだった。

2試合目は神戸とキヤノン。キヤノンはNo.8菊谷、両FLに外国(出身)人選手を入れていて迫力がある。ただ、やはり平均的な水準で神戸が圧倒した。また、Not 10 のキックオフを2回やるなど、ミスも多かった。
圧巻は前半28分、カウンターでCTB山本が蹴ったボールを取りに戻るキヤノンWTBを山下楽平が追い抜いてボールを確保しトライ。キヤノンの選手はボール処理の為なのか、山下が追いつくと思っていなかったのか、フルスピードで走っているようには見えなかったのだけど、素晴らしいトライだった。また、この日はこれまで突破役として使われていたCTBフーリーがボールを持って自由に走るシーンもあり、期待させたのだけど、途中で足を痛めて退場。試合後には出てきていたので大事ではなさそうだけど、プレイオフに向けて心配である。終盤に出てきたSOエリスは流石 All Blacks という落ち着きと技術。スターターでも見てみたいけど、ベッカー絶好調、フーリーもピッチ内の監督って感じだしなぁ。
神戸は全般にハンドリングエラーとターンオーバーの数が気になるぐらいか。選手のパフォーマンスは最高に良く感じる。キヤノンは神戸のディフェンスを良く研究して練習してきたと思う。執拗にダブルラインを引いて少しでもギャップが出来ればそこを斜めに抜くというので何度かブレイクしたのだけど、ベッカー中心に神戸が良く止めていた。後は何せミスが多いな。

帰宅してから見たパナソニックとヤマハは、まさかのヤマハ勝利。ただ、この試合も工藤レフェリーの笛が悉くヤマハに利したように見えた。今年全体を見ていて、パナや神戸のようなチームはラフにブレイクダウンに来られると弱い。本来ファウルになるところ、ギリギリのところをレフェリーが取らないとゲームの流れがおかしくなってしまう。
ただ、ヤマハのディフェンスが素晴らしかったのは確かなので、レフェリーの要因を取り除いてもかなり分からないゲームだったんじゃないかと思える内容だった。

結果として、得失点差で神戸が首位通過、ヤマハが4位を死守してサントリーがプレーオフから落ちた。今季頭にオイラが見たとおり、サントリーはこの1年での凋落著しく、世代交代の谷間と言ったところかもしれない。
来週は残念ながら花園で神戸製鋼とヤマハの対戦。誰がレフェリーか分からないけど、再来週秩父宮に帰ってくることを祈るのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 9日 (金)

デッドロック

そういえば健診では最初に採尿させられる。名前の書いた紙コップを持たされてトイレにいくのだけどトイレは小さくて、大1小1の構成だ。
オイラが入ったら大は閉まってて先客がいるようだった。なので、小の方に立った。と、ここで大の方からスーツのオッサン登場。紙コップを持ってるのでどうやらこの人も健診らしい。

ところが、このオッサンが手洗い場に立ったまま動かない。小さなパーティションを挟んで左隣。手を洗う音がするわけでもないので髪でも整えているのか、さっさと出て行って欲しいなぁ、と思っているのだけど一向に出て行く気配が無い。

オッサン相手とは言え、あんまり紙コップに採尿する音が聞こえるのも嫌なんだけど、仕方が無いのでしぼりだしてカップを提出用の棚において振り返ったら、焦り気味のオッサンが小便器へ向かった。どうやら、大で採尿→小で残りを排出というのがオッサンの流儀だったみたいだ。大で終わらせてしまえば良いのに。

つまり、オイラは「オッサン出ていかねーかなー」と待機、オッサンは「こいつ早くおわらせねーかなー」と待機という無駄な数十秒を二人で過ごしたっぽい。
なんかアンガールズのコントみたいな「なんだよぉ」って感じで手を洗って出てきました。

しかし、尼すげーな。なんでもあるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 8日 (木)

胃カメラ

初胃カメラをやった。

胃の蠕動を抑える注射を最初に打たれるのだけど「利き腕は右手ですか?」と聞かれて、そうだと答えると左肩に。正直、この商売やってるとどっちでも同じなんだけど。この注射が妙に重い。時間と共にズーンと来るのだよな。その後、胃の泡を抑える?とかいう液体を飲まされてベッドの上で2回転。
バリウム検査がないから回らなくていいと思ってたら結局回るのかよ、と思いつつゴロゴロする。

真上を向かされて妙にトロリとした麻酔を喉に流し込まれ、「飲み込まないでください」と。はぁ、と思って上を向いているのだけど、1分たっても無視されたまま。そのうち喉の奥が痺れてきてこのままじゃ飲み込んでしまうんじゃないかという妙な不安感が過ぎった頃に「吐き出して下さい」。横を向かされて、さらにスプレーの麻酔を口の中に噴射されて、胃カメラ開始。

色々と脅されていたのだけど、喉を入っていくのは全然気づかないぐらい何ともなかった。食道の狭いところを通るときと、幽門を突破して十二指腸に入るときが少しきつかったな。素人目にも綺麗なピンクで、診断も何も異常無し。少し噴門が広めなので逆流性食道炎になりやすいが、現状では炎症は見られないので症状があったら薬をもらってください、と。噴門が広いのは生まれつきの場合と加齢による影響があるらしいが、生活改善とかで狭くなったりするわけでは無いらしい。

鼻から入れるのが楽という話も聞いたことがあるけど、オイラの知人は鼻から入れられて鼻から喉の間で随分苦しんだらしく、まぁ中に入ってしまえば大して変わらないだろうし、オイラは口でいいかなぁ。

終わった後が大変で、痺れた喉が気持ち悪い。何か詰まった感じなので、軽く咳払いしたいのだけど、喉の奥が上手く動かない。とりあえずオフィスに行くべく電車のホームに立ったところで、やっと1回目の咳払いに成功。と、喉の奥からトロリとした麻酔の残りが少量出てきたので、トイレまで戻って吐き出す。
結局1時間ぐらい気持ち悪く、後は空気が乾燥してることもあってか1日荒れた感じだったのでのど飴を舐めてた。

来年どうすっかなー、これだったら隔年でいいかなー、などと思ったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 7日 (水)

正社員

年始から波紋を呼んだそうですが。
「正社員をなくしましょう」竹中氏が発言 暴論なのか、正論なのか、波紋広げる

「正社員を無くす」ってのは政治的なレトリックなんだろうけど、変な話だ。じゃあ社員ってなんなんだよ、と。

ただ、雇われたり、雇う側になったり、フリーターになったりして思うのは、やっぱり日本の被雇用者(正社員)は過保護だ、ということだな。
企業が正社員の首を切りにくい→雇用するのにリスクがある→正社員雇用したくない→派遣って高いけど便利ね、という流れになってる面は確かにあると思う。でもって、正社員は解雇されにくいけど、派遣は契約切れたら終わりかも知れない→正社員 > 派遣社員みたいなの。
逆に、企業は雇用したくないから市場の流動性低い→今の会社やめても転職厳しい→やめたいけどやめられない→ブラック企業跳梁跋扈ってな感じじゃないのだろうか。異国で就労ビザ出して貰って働いてるようなもんで、被雇用者守ってるつもりで企業側を強めてるだけのような気がする。

新卒も同じで、今の労働基準法だと零細ベンチャーはもちろん中小企業もなかなか新卒なんて採れないっすよ。教育コストがかかることもあるけど、採用したが最後下手に解雇すると何とかユニオンが出てきてグダグダ揉めたりする可能性がある法制度の下じゃ変なリスク取りたくないっす。

騒ぐ側の人は「企業の役に立てないかもしれないけど、雇用したが最後解雇できないシステムは保ちつつ、派遣制度をやめて雇用を保障しろ」みたいなことを言ってるわけで、それは無理だべ。

とりあえず、雇用契約に関してどちらにも有利にせずに、フラットな状況を作るのが一番でしょうよ。被雇用者側は企業を見定めて選ぶ、企業側は志望者を見定めて選ぶ。企業が求める能力があれば、企業側は契約を維持したいから契約内容を上げてでもキープしにくるでしょうよ。逆に、これはお互いよろしくないね、ということであればどちらからでもバイバイということ。
社員の出入りが激しいと企業文化がとか効率が落ちるという声もあるようだけど、そもそも、そういう状況は企業としてよくねーべ。たまにクライアントとかでもあるんだけど、結構な大企業で資料のとりまとめしてるのはベテランのオバチャン1人で、あの人いなくなると困るんですよ、みたいなの。それは経営とか株主目線で言えば非常に大きなリスクなわけなので、誰かがいなくなっても問題なく回るようにしておくのが体制作りというものですよ。

良い会社に能力の高い人が行く。条件悪ければ良い人が来ない。逆も真なり。それが正しい姿かと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火)

マイコン

年末に炊飯器が挙動不審になった。なんつーか水加減がおかしいというか、ちゃんとした水の量なのに妙にご飯が硬めだったり。
学生時代から使ってるものだからな。そろそろかな。と思って大手家電量販店に。

まぁ近頃は10万弱のお高い炊飯器が出てきているんですよね。保温だのパンが出来ますだの、色々と機能を見ていくと楽しくなってきて、典型的男性脳のオイラとしては思わず高級機に手を出しそうになるのだけど、そこは我慢。「炊飯」「タイマー」「保温」の最低限の機能に絞って探すと、価格は1万円前後になるが、それでも選択肢は多い。3合炊きに絞って見ると、安いのは「マイコン」と書いてある。これまた懐かしい響きだ。

その場で調べると、マイコンの対極が IH だそうで。ああ、そういえば IH 炊飯器って聞くね。
マイコンは釜の底をヒーターで温める方式。更に昔はマイコンがなくてサーモスタットが入ってた。確かオイラが物心ついた頃に目にした実家のナショナルの炊飯器はこれで、底のところに電磁石のついたバネが入っていて、ある程度の温度になるとカチーンと音がしてバネの力でヒーターがオフになるようなものだったと思う。これだとバンバン制御になるので、温度が上下を繰り返して理想的な炊飯が出来ない。
そこで、マイコンに予め加熱パターンを入れておいて、炊飯のステップ毎に加熱を変えていく画期的な方法が生み出された。

これの欠点は電熱ヒーターで底から温めること。電熱器で料理することを考えれば良いが、とてもじゃないが直火に比べて弱いので米の量=水の量が多いと不味い米が炊ける。わしゃ知らんが5合を超えると顕著なんだそうな。
で、出てきたのが IH。Induction Heating で拭き掃除で済むレンジ台の方がメジャーだけど、あれと同様、電磁誘導で釜自体に電流を起こして抵抗で発生する熱で加熱する。この方法だと底からではなくて、釜全体が発熱するので万遍無い加熱が可能だし、マイコンに比較して直接的なので高温を与えられる。与える熱のコントロールも容易。但し、電熱ヒーター(マイコン)よりは電力を食う。

さて、これが分かったところでどうするか。というのが、オイラが求めているのは3合炊きなので、そうなるとマイコンでも IH でも大差なさそうなのである。マイコンは安いけど少しだけリスク(?)がある。
後はデザインというか大きさ。近頃の炊飯器って奥行きがあって四角いのね。昔は炊飯器ってーと丸かったと思うのだけど。

で、迷った挙げ句に IH にしました。その場で価格をざっと調べたのだけど、量販店が安かったのでお持ち帰り。
いそいそと釜を洗って、炊飯してみたんですがね、先代が元気な頃と味はあまり変わらない気がしますね。炊飯器がどうこうっていうより米の質のほうが大事だなぁ、と当たり前なことを思ったり。後、結構音が大きいですよ。もう1つ言うと、無印の土鍋でも同じぐらいに炊けます。ただあれば付きっきりじゃないといけないし洗うの面倒だけどな。良い点は、もしかしたら炊飯時間が短くなったかな。後、湯気の出方が上品になった気がする。

つーことで、3合ぐらいの米を炊くという面で言うと、炊飯器業界は煮詰まってるのかもしれません。誰か革命児が出てこないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 5日 (月)

フライング初詣 2015 〜遊行寺〜

とりあえず近場の総本山を検索。

大晦日の昼前に家を出て東海道線に揺られて藤沢へ。藤沢で降りるのは学生時代の友人宅に行って以来なので20年近くぶりになるだろうか。
確か友人宅は駅の南側だったと記憶しているのだけど、今回は北側へ。地方都市にありがちな2階の改札から出るとだだっ広い歩道状の広場があってどこから降りたら良いのか分からないパターン。

歩いて行くとどうやら藤沢宿として押し出そうとしてるのかどうか微妙な雰囲気が。東海道で江戸から6番目の宿場町だったそうであるが、江戸時代より前から清浄光寺(しょうじょうこうじ)の門前町として栄えていたそうな。
駅から15分ほども歩いたところに件の清浄光寺がある。時宗総本山とのこと。

緩い傾斜になっている参道を歩いて登っていくと本殿が。飾り付けはされているけど、これまで行ったフライング初詣の中では一番質素かなぁ。準備をしてるテキ屋も片手で足る数に見えた。賽銭箱も小さくて心配になってしまったけど、この後増強されるのだろうか。

奥に宇賀神が祀られていたり、伽藍の形はそんなに悪くないと思ったのだけど、何だか寂しい感じでした。
ちなみに、時宗のトップを遊行上人ということから、遊行寺という通称で呼ばれるそうな。とはいえ、一遍上人と直接関係のある土地では無く、4代目の遊行上人が政争から時の大本山に入れて貰えず、やむなくこの地に開いた寺だということ。その後、元の大本山は凋落してこちらが総本山になったようだ。

そういえば、別府に行ったときも一遍上人の像があったのだけど、時代を考えると凄いことですなぁ。

最後に気になったのは積まれた男山の樽。寄附のようだけど、山口は永山本家の酒を何故わざわざ。天青とかいずみ橋じゃないのは、男山が好きなのかな。

何か帰りに用事は無いかと考えたのだけど特に無く。藤沢で他に見るものも無く。中華街を散歩して帰って来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »