« Top League 第7節 (2nd stage) | トップページ | ギョムス »

2015年1月14日 (水)

祐天寺

連休をあまり意識しないので、いつも直前になって気づく。
3連休の3日目は暇なので散歩に行くかと思ったのだけど目標が定まらず。フラフラと歩き始める。途中、馴染みの店で遅めの昼食+ワインを摂取。店を出たら風が強まっている気がするのだけど、歩き続けて気がつけば何とも中途半端な場所に。中目黒が近いが、オイラの中では行っても仕方の無い街ベスト3に入る。特に昼間は。残り2つは自由が丘とどこにしようか、池袋辺りで。

そういえば、中目黒の隣に祐天寺という駅があった。降りたことは多分ないけど何度か通過している。ということは祐天寺があるのではないかと調べたらあった。

「中目黒大使公邸」という良く分からない建物の横の坂道を上る。大使公邸といいつつ、国旗の類は全くあがっていない。帰宅してから調べたら賃貸物件として出ていた。300平米で4LDK+1メイドルーム、家賃120万とあるから、やっぱ大使公邸なの?謎。とりあえずオイラには無理ってか300平米で何をしろと。
坂を上りきって少し行くと、墓場と墓場の間をゆっくりと曲がる不思議な道にでるのだけど、この墓場が既に祐天寺の敷地だった模様。入って左に本殿。どうやら、表参道は別だったようだ。

伽藍はシンプルだが中々に大きい。元は増上寺の住持が目黒で隠居したいと言ったのが始まりのようで、さほど歴史のある寺ではないようだが、この祐天という住持は中々の坊さんで、幕府や御所に取り入る政治力を持ち合わせつつ、強力な除霊能力を持っていたらしい。すげー。怪僧ですぞ。

境内では着物の娘さんをカメラで撮る男女2人。レフ板まで持っていて本格的な割に装備がショボイのでなんだろうと思ってたんだけど、寺を出た後で「あ、成人式か」と思い当たった。カメラが趣味の親父さんが娘の写真を撮ってたんだろう。

正面から出て今度は坂を下ったり上ったりしていくと商店街ぽいところに出て東急の線路。これをくぐって北側に出ると、なんか石塔やら庭石がゴロゴロしている。最初は寺か公園かと思ったのだけど、そうでは無いようで。
線路脇、駅近の坪単価の高そうなところを石置き場にしてるというのが良く分からないのだけど、これ、庭石屋らしい。
庭石置き場の移設 | 店舗 | 高坂商店

東急電鉄祐天寺駅改良工事のため、工事期間中の支障となる庭石を移設しました。 新たな石置場は店舗北側の道路に面した隣接地で、以前と同様に庭石をご覧いただくことができます。
   管理上、入口のゲートが閉じている場合もありますが、お声かけ頂ければご案内いたします。 また、工事期間中、祐天寺駅側の進入路等が影響を受けることもありますが、予めご連絡頂ければ、店舗アクセスなどご案内させて頂きます。

はぁ。固定資産税とかどうなってるんだろう。

そのままの勢いで世田谷公園へ向かい、下馬の都営住宅ゾーンを抜け三茶の駅まで歩いた頃にはもう寒くて。電車に乗って帰って来ました。行き当たりばったりの割には結構面白い散歩だったかな。

|

« Top League 第7節 (2nd stage) | トップページ | ギョムス »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/58569114

この記事へのトラックバック一覧です: 祐天寺:

« Top League 第7節 (2nd stage) | トップページ | ギョムス »