« ギョムス | トップページ | 10枚 »

2015年1月16日 (金)

あなたの「あ」

自分の名前の漢字を説明するのが恥ずかしい

そうか、優れてるとか素晴らしいとかいう意味の漢字の名前を付けられると確かに説明のときに恥ずかしいかもしれん。その点、オイラはそういう単品でステキな漢字が入っていないので普通の説明で済むな。

昔一緒に働いてた女性社員が電話口に向かって「あなたの『あ』です」と言っていて、何かと思ったら自分の名前を説明していてビックリしたのを思い出す。「貴」という字が入っている名前の人だった。そうか、あれは奥ゆかしさというか、言いにくいからああいう表現になっていたんだな。
ま、同じ島にいた別の男も同じ字が入っているけど、其奴は「貴族の『貴』です」と言ってドヤ顔してたけどな。奥ゆかしさのカケラも無い。

別で事務の人が先方に担当者名伝えるときに「聴」という漢字を伝えるのに「耳のついてる『きく』って字です」と伝えたら見事に「聞」の字で郵送物が来たことがあったな。両方耳ついてるやないかと総ツッコミ。

前も書いたかもしれないけど、高校の時の国語の先生曰く「親は理想を込めて子供の名前を選んでつけるもんだけど、実際はそうはならないものだよ」とのことで、その先生の名前が「秀夫」というオチ。奥様に対する良いExcuseだと思いました。

|

« ギョムス | トップページ | 10枚 »

寝言」カテゴリの記事

コメント

面白い情報ありがとうございます。

良い意味のものを使うというのはアピールなのか、言霊的な考えなのか、ところ変わればという感じですね

投稿: しげお | 2015年1月19日 (月) 17:40

大分前に「神大」の読み方の話だったかでコメントさせて頂いておりますが、数年来楽しく拝見致しております。

私は中国語学科の出ですが、中国語では自分の名前の字を説明するときに、できるだけいい意味のものを使うそうです。
一年次の授業の折ですが、「尚」という字を「和尚の"尚"」と言った人がおり、「高尚の"尚"にしなさい」と直されてました。何故「和尚」がダメなのかは分かりませんが...。

ちなみに、よく女の子の名前に使われる「奈」の字は辞書を引いても悪い意味しか載っていなかった(!)のですが、そういう場合は「奈良の"奈"」等、有名な固有名詞を持ち出すそうです。

投稿: だんちょう | 2015年1月19日 (月) 12:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/58600372

この記事へのトラックバック一覧です: あなたの「あ」:

« ギョムス | トップページ | 10枚 »