« デッドロック | トップページ | 祐天寺 »

2015年1月13日 (火)

Top League 第7節 (2nd stage)

日曜は秩父宮へ。
トップリーグ最終節である。パナソニックは既に前節でプレイオフ圏内(4位以内)確定なので、残り3つが最終節に決まることになっていた。ただ、東芝はNTTコム、神戸製鋼はキヤノン、サントリーはトヨタと下位との対戦なので、カードとしての注目はヤマハがパナソニックにどこまでやれるか、というところだった。
最終節前にはサントリーが5位、ヤマハが4位だったが上記カード組み合わせによりサントリーがプレイオフ進出を決める可能性が高い、というのが大方の見方である。

秩父宮は、東芝vsNコム、神戸vsキヤノンの2試合。

天気は快晴、メインスタンド側や上空は時折強い風が吹いていたようだが、バックスタンドは良い陽気だった。前回パナ、サントリー、東芝、神戸が集まった時ほどは客の出足が良く無いが、それでも試合開始の頃にはバックスタンド中央はびっしりと埋まった。

1試合目の東芝とNTTコムは、はっきりと強さの違いが出た。特にFWの馬力の違いは明白。
ただ、大槻レフェリーってこんなヒドイ笛吹くんだっけ?というような感じで、ゴール直前のスクラムで何度もNコムのファウルをとるもののシンビンは出さず。と思ったら、18分、21分と同じくゴール前の2度のスクラムではあっさりとペナルティトライを与えた。ここまでシンビン1人も出さずに 10分ぐらいずーーーっとスクラムアゲインをやってた。途中で何か言われたのか、判定基準が変わったようである。いずれにせよ東芝がスコアしていたのは明らかだけど、基準が変わるのは最悪だ。Nコムとしてはシンビン取られたらどうせトライされてただろうし、助かったというところかしら。
個人的にはNコムが前節までキレていた友井川を外した采配が謎。リフレッシュの為だったそうだが、最終節だしねぇ。最後の最後にヤンチースが流れるような走りで1トライ決めたけど見せ場はそれぐらいだった。

2試合目は神戸とキヤノン。キヤノンはNo.8菊谷、両FLに外国(出身)人選手を入れていて迫力がある。ただ、やはり平均的な水準で神戸が圧倒した。また、Not 10 のキックオフを2回やるなど、ミスも多かった。
圧巻は前半28分、カウンターでCTB山本が蹴ったボールを取りに戻るキヤノンWTBを山下楽平が追い抜いてボールを確保しトライ。キヤノンの選手はボール処理の為なのか、山下が追いつくと思っていなかったのか、フルスピードで走っているようには見えなかったのだけど、素晴らしいトライだった。また、この日はこれまで突破役として使われていたCTBフーリーがボールを持って自由に走るシーンもあり、期待させたのだけど、途中で足を痛めて退場。試合後には出てきていたので大事ではなさそうだけど、プレイオフに向けて心配である。終盤に出てきたSOエリスは流石 All Blacks という落ち着きと技術。スターターでも見てみたいけど、ベッカー絶好調、フーリーもピッチ内の監督って感じだしなぁ。
神戸は全般にハンドリングエラーとターンオーバーの数が気になるぐらいか。選手のパフォーマンスは最高に良く感じる。キヤノンは神戸のディフェンスを良く研究して練習してきたと思う。執拗にダブルラインを引いて少しでもギャップが出来ればそこを斜めに抜くというので何度かブレイクしたのだけど、ベッカー中心に神戸が良く止めていた。後は何せミスが多いな。

帰宅してから見たパナソニックとヤマハは、まさかのヤマハ勝利。ただ、この試合も工藤レフェリーの笛が悉くヤマハに利したように見えた。今年全体を見ていて、パナや神戸のようなチームはラフにブレイクダウンに来られると弱い。本来ファウルになるところ、ギリギリのところをレフェリーが取らないとゲームの流れがおかしくなってしまう。
ただ、ヤマハのディフェンスが素晴らしかったのは確かなので、レフェリーの要因を取り除いてもかなり分からないゲームだったんじゃないかと思える内容だった。

結果として、得失点差で神戸が首位通過、ヤマハが4位を死守してサントリーがプレーオフから落ちた。今季頭にオイラが見たとおり、サントリーはこの1年での凋落著しく、世代交代の谷間と言ったところかもしれない。
来週は残念ながら花園で神戸製鋼とヤマハの対戦。誰がレフェリーか分からないけど、再来週秩父宮に帰ってくることを祈るのみ。

|

« デッドロック | トップページ | 祐天寺 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/58568441

この記事へのトラックバック一覧です: Top League 第7節 (2nd stage):

« デッドロック | トップページ | 祐天寺 »