« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月31日 (火)

保育所

保育所作りたくても… 住民が騒音など懸念、延期相次ぐ

目黒区平町ですか、いいとこですね。

区報で計画を知った住民から、子どもの声による騒音や送迎の車による問題を心配する声が相次いだ。園を認可する都に複数の住民が不服の申入書を提出。反対署名が約220人分集まった。

学生時代、方南町に住んでいた友人Oの家の近所に幼稚園か何かがあって、運動会の時は朝から「♪じん、じん、じんぎすか〜ん」と流れてきて起こされたのを覚えているが、それ以上に向かいの家から毎朝聞こえてくる谷村新司と近所の巨人ファンの叫び声の方が迷惑と言えば迷惑だった。

オイラの通勤路にも近頃保育園だか保育所だかが出来たんだけど、昼間の騒音は知りませんがね、送迎の親のチャリンコがメッチャ邪魔ですよ。そっちの方が問題になりそうなぐらい。
併走してお話されるのはスタンダード、面倒なのは自転車押しながらお話される奴ですね。歩道に人間x2と自転車x2、ついでにオプションで前後にガキが走ってたりします。
後、奴等どうして交差点で歩道を直角に封鎖するように止まるんだろう?同じ女性でも若い人とかはちゃんとスペース空けて止まるけど、思いっきり塞いでるのはガキ乗せオプション付きチャリなんだよな。出産すると何か変わるのかしら。ひどいのだとコンビニとかクリーニング屋の前の歩道を完全に封鎖してたり。

つーか、そもそも自転車の二人乗りは違法のはずなのだけど、樹脂製の椅子設置して魔改造してるのが罷り通ってるのは何なんでしょうね。オイラ、記憶を手繰ってもオカンの自転車に乗せられてどこかいった覚えが無くて、買い物とか幼稚園の行き帰りとか一緒に歩いてた記憶しか無いのだよな。オイラの記憶が飛んでるのか、実際にチャリで連れて行かれたことがないのか分からないけど。
安全面でも教育面でも手を繋いで色んなもの見ながら歩いた方が良くないでしょうかね。

あと、近頃異様に眩しい前照灯が流行ってるみたい。細めで横に2つ並んだような奴。ハイビームかよ、ってぐらい目くらましなので、あれもう少し下向けて付けて欲しいなぁ。これは利用者というよりメーカーの問題なのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月30日 (月)

マーチS

学生時代の友人Oに誘われて船橋法典へ。1年ぶりぐらいかなぁ。

トンネルを抜けて中山競馬場へ向かう。トンネル内は以前は歴代の名馬や中山競馬場の変遷などのパネルが貼られていたのだけど、真っ白になっていて殺風景だった。
メインスタンド下で、まずは腹ごしらえするか、と思って見てみたらマクドが無くてモスバーガーがある。あれま、ということで調べてみたら2013年の年末でマクドは撤退していたらしい。栄枯盛衰ですねぇ。
Oはモスと言うのだけど、オイラは1週か2週前に食ったので、久々にこっちにするわ、と吉野家へ。長蛇の列のモスに比べて大盛(550円)しか売ってない吉野家のオペレーションはスムーズだ。1年か2年分の吉野家を食って1階へ上がる。

家を出るときは日焼けが心配なぐらいの日射しだったのだけど、パドックに出たらドンヨリ曇ってた。

この後、6R ぐらいに風が強くなって、外が寒い寒い。Oが軽く当てる横でオイラの馬券も寒い寒い。

この日のメインはマーチSだったのだけど、個人的な楽しみは9R のペガサスJS。強い馬が2頭出ているがハンデが+3。この2頭の馬連が2.1倍というので、これは買えないな、とオイラは中京のフルゲートハンデ戦へ。
しかし障害はいつ見ても面白いもんだな。賭けて無くてもワクワクする。結局ガチガチの2.1倍は来なかったので、買わなくて良かったな、と思い、中京を見たらオイラの穴気味の軸馬が3着に差してきて3連複頂き。この後も3連複、複勝2つと当てて、久しぶりに良い気分でしたが、天気は10R辺りから雨と霰の混ざったようなものが降ってきて最終はやらずに帰って来ました。宮杯はハクサンムーンがあんなに頑張るとは思ってなかった。4-16は合ってたんだけどな。

手に汗握ることも出来たし楽しかったな。もうちょっと暖かくなればいいかな。外周の桜はまだ3分か5分でした。
そうだ、どうでもいいけどパドックが異様に馬臭かったのと、騎手騎乗の時に剽軽なアクションのオッサンがいたのが濃紺のハット被った小島太だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月27日 (金)

デニム

元々、ジーンズが余り好きでは無くて、高3の時にセンター試験受けにいくのに寒いからとかいう良く分からない理由で1本買ってもらったんだったか。でもやっぱブルージーンズは似合わない気がして、ずっと履くとしたらブラックデニムだった。

5年ぐらい前に、セレクトショップだったか何だったかよく覚えてないのだけど、グレー系のを何となく買ったら履いている内に気に入ってきて今じゃオイラの一番人気なんですよ。
が、左の内もも部分が摩擦なのかなんなのか、擦り切れて穴が開きまして。膝とかならいいんですがね、場所が場所だけに座り方によってはトランクス丸見えになるかも知れず。

買ったときに裾上げしようと思って探したら、当時は正規代理店がなかったのだけど、今はあるようなので会社の昼休みに行ってみた。
んだどもねーんだよなー。同じ型はあるんだけど同じ色が無い。ブルーばっか。逆に同じグレー系だと型が違ってて、試着させてもらったんだけどコレジャナイ感があって。丁寧に対応してくれたお兄ちゃんに御礼をいって店を後にした。

でもなー、穴開いたのをいつまでも履いてられんし、背に腹は変えられぬ。週末はデニム探しの旅に出るかのぉ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月26日 (木)

Watcher

某テレビ番組の企画がヒドイというので盛り上がってるそうなので、まとめサイトを見に行ったら「やっとこういう声が上がったか」「昔からヒドイと思ってた」「あの企画はXXが○○してる頃から」とか書いてあって、皆さん昔からヒドイと思ってた割には頑張って見続けていたんだなぁ、というのが良く分かる。

「偏向報道だ!」みたいなのを言う人の Twitter とか Facebook とか見ると「前もこういうこと言ってた」みたいなのを丁寧に列挙してあって、偏った報道番組を頑張って見続けてきたんだなぁ、と思う。

たまたま見た発言とか企画が、というなら分かるんだけど、ずっと知ってて見続けるっていうのは苦行かなんかでしょうかね。

偏った報道を見て「偏ってる」と思ったり、下世話な企画を「ヒドイ」「下らない」と思う人をそもそもターゲットにしてないから仕方ないのにねぇ。番組でゲラゲラ笑って、やたら挿入される CM 見て、無料アプリといいつつ途中から課金させられて、消金から金を借りる人達をターゲットにしてるんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月25日 (水)

真空管

学生時代、出入りしていた(正式なメンバーではなかった)サークルの後輩にオーディオマニアがいまして。オーディオマニアといっても、機械側から入った人間なので、ジャズがどうとかクラッシックがどうとかじゃなくて、純粋に「音の再生」にかけてる訳です。

其奴が最初に真空管アンプを組み立てて色々と実験した挙げ句に「絶望しました」と。何に絶望したかというと、録音→再生すると生音と全く違う波形が出てくるのだと。別に真空管云々じゃなくて、どんなアンプ使おうと大差ないメチャクチャ具合だそうで。ただ、このメチャクチャというのは機械屋、メカトロ屋としての彼の常識からしてメチャクチャなんだそうで、人間の耳には大差なく聞こえる訳です。逆に人間の耳というか脳味噌が凄いとも言ってた。

そもそも、レコードって「記録」なわけで、出来る限り原音のデータを記録して、それを原音に近く再生することが目的なはず。究極を考えると原音を聞いたときと同じ刺激を聴覚の神経細胞に与えられれば良いのです。

先日、タモリ倶楽部を見てたら真空管アンプ聞き比べをやってて、カーペンターズとか掛けながらコブクロの大きい方が「おー」とか何とか騒いでた。何か言わんとすることは分かるし、オイラも真空管アンプが「柔らかい」とか「暖かい」音を出すというのは分かるけど、オーディオ機器として「記録した音を正しく再生する」という意味の価値があるのかというと不思議な気分になる。
本当のカレンの歌声がどうだったのか、あそこで試聴した人の中で生歌聴いた人が居るなら評価も出来そうなもんだけど。

ただまぁ、昨今のJ-POP(Jに限らんけど)みたいに音圧いじりまくって、ソースがそもそも生歌って何よみたいな感じになってるんだとしたら「レコード」としての意味は変わっているんだろうな。だとすれば、自分の好みの音源を自分の好みの音質でかけるためのオーディオ機器が存在するわけで、オーディオマニアにとっては好きな歌手とかバンドとかそういうんじゃなくて「好きな音」、「好きな音源と機器」があるってことだな。その割にケーブルの純度に拘るのは良く分からんけど。ある程度不純物が入ってる方が「ぬくもり」が出そうな気がする。

そんな、ある意味ライブを否定するような結論に至りかねない企画にコブクロが嬉しそうに出てるというのが何だか面白いな、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月24日 (火)

TKG/SCK/HKS/DTY

前日体調悪化の一途だったのが、寝て起きたらスッキリしていた。予定通り新宿9時発のあずさで甲府へ。今回は3人旅で、あずさは2+2列配置なので、オイラが一人後ろの席に座った。隣は小学生ぐらいの子供で、3DS(かな?)で妖怪ウォッチのゲームをやっていたのだけど、通路挟んで座っている母親が「そのペンでカチカチするのが五月蠅いからやめなさい」と繰り返し注意するのが五月蠅かった。

乗って程なくして前の席からSさんが缶ビール3つを差し出して「どれにします?」と。え、朝9時から酒ですか、てか朝クスリ飲んで来たんですけど、とか思ったんだけど説明するのも面倒なのでとりあえず一番小さな缶を受け取って飲んだ。これが良かったのか悪かったのか分からないが、この日1日なんとも無く過ごせたのに、翌日からだが怠くて倒れる事になる。

甲府駅に着いて北側に出てAさん達と待ち合わせ。広場で謎の祭りをやっているのだけど、看板などもなく何の祭りか全く分からない。取りあえず北杜市方面へ向かう。

道が混んでいたので、1時間半ちょっとかかって白州町に。何も無いところに急に店があり、向かいの駐車場に数台車が止まっている。店に入ろうとすると、ロードバイクが8台ばかり止めてあった。あらま、混んでるかなと思ったら店内は案外広くて余裕。奥にキャノンデールやパールイズミのウェアを着たニーチャン達が居た。

卵かけご飯は味噌汁セットと鶏汁セット、あと、卵かけご飯専門店と言う割にカレーがあって、美味そうだったのだけど、やっぱTKGでしょう、と。麹や味噌を売りにしてるみたいなので、オイラは味噌汁セットにしたのだけど、オイラ以外の4人は全員鶏汁セットで何だか裏切られた気がした。

卵は小ぶりだが黄身の皮を破っても中身がすぐに出てこないネットリした感じのもの。まぁ普通に美味かったです。ちなみに色は結構薄めの黄色。以前、卵屋のシステム案件で入ったときに「あれは飼料でどうにでもなるんです。普通は薄い黄色ですが日本人はオレンジ色が好きなんでそっちに寄せてますね」といわれたのだけど、そうだとすれば今回の卵は「普通」の色だったのだろう。

卵かけご飯 おっぽに亭こっこ

食べ終わって店を12時半ぐらいに出る。10分か15分ぐらいで七賢へ。酒蔵開放をやっているので。賑わってるな、と思ったのは金精軒の前で八ヶ岳のパンとか売ってたのに群がってるだけで、蔵自体はさほど混んでなかった。2週間ぶっ通しの2週目だからか。

勝手知ったる蔵の中を裏手へ向かい、酒蔵見学の申込をしたら「次は14:30です」と。どうも30分に1回ツアーをやっているようなのだけど、12:30、13:00、13:30、14:00 と売り切れなんだな。昔はそんなことなかったんだけど結構少人数でちゃんとやるようにしたのかなぁ。とりあえず予約して札をもらって試飲の方へ。

試飲コーナーも数年前とは少し縮小された感じがあったけど、従来の七賢と先日試飲会で飲んだ新しい七賢が並んでいた。これがまぁ全然違うのでマーケティング的には早く新しい方に収束させた方が良いんだろうなぁと思う(新しい方を目指してるのなら)。オイラは体調の不安もあって余り飲まずに終了。正直、自分の中での盛り上がり感もイマイチだったのだけど、七賢来すぎかな。

一通り飲んで終わってもまだ40分ぐらいあるので、どうしますか?と。もう蔵見学いいよね、ということで札を返して退却することに。

あちこちで梅が綺麗にさいておりました。

どうしましょうかねぇ、ということで折角なので歩いても行ける距離の白州へ。ツアーは予約で満員ということだし、そもそも時間のかかるツアーに行く気はないのでショップへ。

ショップ併設の試飲コーナーで有料試飲をする。オイラはまぁ一人2種類ぐらいかな、と思ってたんだけど、同行のHさんとSさんが「白州全種類でも700円ですよ」とかいうノリで2人で8種類ぐらい持ってきたんだじゃないかな。例によってオイラは控えめにしておきました。

オイラは山崎のシングルカスク1986と1995を。普通に美味かった。

行きつけのバーに良くサントリーの人来るから、何か土産でも買っていこうかと思ったんだけど、「蒸溜所オリジナル」と銘打ったチョコはモロゾフ、スモークチーズは六甲バターだったりで、なんで神戸のもの買っていかなあかんねん、ということで手ぶらで退散。

この後は一路、甲府へ。Sさんが行きたいと言っていた「どてやき」屋を目指す。Hさんが予約をしようとしたら、土日は混むから予約取ってない、予約してもらってもどて焼きが品切れになるかもしれないから、といわれたとのこと。

そのHさんは後ろのシートで爆睡してしまったので、代わって甲府市に入ったぐらいで電話をする。
「はい、どてやきです」と電話に出る。後20分ぐらいで着くと思うのだけど5人入れますか?と聞くと「うちは予約とってないんだけど、後20分なら席とっておきますよ」とのこと。名前も何も聞かれなかった。

店に入ると何とも言えない雰囲気。何故かおたふくの面が壁にずらりとかけられていて、半円形のカウンターの内側に大鍋があって串が何本も刺さっている。大将が一人。カウンターの向かいにはテーブルが3つほど、奥に小上がりがある。先ほどお電話した、と言うと「どうぞ奥へ」と小上がりへ誘導された。

座ると飲み物を聞かれるので、瓶ビールと運転手のAさん用のウーロン茶を。お通しのヌタが出たと思ったら、一人一皿3串のどて焼きが配布された。座ると有無を言わせずどて焼きがついてくるらしい。3串で240円。よく煮込まれていて美味い。関西のイメージなんだけどな。

ちなみに座ってすぐに「どて卵(200円)」を人数分頼むとどて焼きの皿に卵を載せてくるらしい。

その他、焼きそばからそばを抜いたような味付けの「キャベツ炒め」、逆に「焼きそば」と銘打っていながら、どちらかというとゆで麺で煮込みの汁がたっぷりかかった「焼きそば」などあったけど、どれも美味かった。
メニューは少なく、結構なスピードでサーブされるので、1時間も居れば十分といったところである。

店を出て、時間つぶしにオリンピック通りというところへ。

なんというかクーロンズゲート感があって、寂れたのんべい横丁みたいなとこだったんだけど、Aさん曰く「昼の方が暗い」らしい。
この後甲府駅まで送って頂いたら、まだ朝の祭り(?)をやってました。バンドというより軽音部みたいなのが流れてて。ちょうどタイミング良く取れたあずさに乗って爆睡するSさんとHさんを眺めながら帰りました。なんか眠くなかったんだよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月23日 (月)

ヤラレタ

先週まで2週間ぶっ通しでサイトリニューアルの仕事があった。それに重ねて中規模の案件2つ。ここ3年ほど家で仕事をやらない主義だったので、9時〜18時でミッチリ仕事をやっていたら奴が来た。
定期的に訪れる過労。

先週末の花粉症疑い例は花粉症どころか過労で抵抗力下がったところに細菌感染という面倒なパターンだったようで。

金曜夜にガッツリ寝て、土曜起きたら絶好調ではないものの問題ないレベルだったので、予定通り山梨方面へ。問題なく楽しく過ごして、日曜も散歩したのだけど、いつもいくとこで昼飯食べ終わったぐらいから暑い。めっちゃ暑い。帰り道も踏ん張りが効かなくなって帰宅して倒れるように寝た。
1時間ほどで起きて阪神大賞典を見て、相変わらずゴールドシップは良く分からん馬だなぁ、と思って再度寝る。

19時ぐらいに起きたらフラフラなだけで食欲とか頭の回転とかには問題ないので、とりあえず晩飯的なものを食べてもう一度寝た。

今朝も絶好調では無いけど…という状態。このまま大人しく過ごしてさっさと帰宅して寝るかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月20日 (金)

花粉症疑い例

毎年、飛散量が多いという報道がある頃に、少し上あご側の喉が腫れたりする。別に鼻水だらだらとかクシャミ止まらないとか、典型的な花粉症の症状はないのだけど。

一昨日、少し用事があってオフィスから外に出て15分ほどで往復する間に喉が痛くなった。例によって飛んでいるのかな、と思ったのだけど、昨日の夜になっても痛みが引かない。雨も降ったのに。

ということで、病院に行ったら見事に風邪っぽい。病院に行ったときはまだ良かったが、昼過ぎにダルさ爆発。夕刻になって少しマシになってきたようだ。ヤクが効いているのか。

明日、小旅行なんだけどな。とりあえず帰って安ワインでも呷って寝るか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月19日 (木)

ファインアート

ファインアート @ Amazon.co.jp

Amazon で絵を売るそうな。「ファインアート」って良く分からない言葉だけど、カーテンの柄とかそういうのじゃないよって事なのかしら。境界線を考えていくと、ポスターとか手ぬぐいとかどうなんだ、と思うんだけど。

うちの父方は絵が上手い人が多かったのだけど、その才能は何故かオイラには流れてこなかった。そんなオイラでも前の家に越したときにリビングの真っ白なクロスが余りに殺風景なので何か絵でもかけるかと探したことがあります。絵って「こんなのが欲しい」って探せないので、インテリアコーディネータとかなら出来るかもしれんがオイラは無理なので、結局「これ」と決めて買うまで2年ぐらい掛かりましたかね。別に毎週末探して回るわけでも無いし。

果たしてネット通販で絵を買うのかどうか。まぁ、オフィスの壁にとかいうぐらいなら良いのかな。後は知ってる作品がリトグラフとかコピーとかなら間違いないし。

そういえば、昨年、仕事で長野に行ったときに何故か万平ホテルに泊まることになりまして。いや本当に仕事なのよ。
その万平ホテルを入ったところに右に細長い部屋というかなんというかスペースがありまして、絵がギッシリと積んであった。飾ると言うよりは、圧縮陳列といった感じ。小品もあれば大きな額もあり、松本零士からユトリロ(?)まで一つ一つに値札がついている。「なんすかね、これ」と言いながら冷やかしてたら、一番奥に気配を消したご老人が座っていた。曰く、ここで買って持って帰るなら半値にすると。

この瞬間に怪しさMaxですけどね。一番高いのは数千万円の値札がついてましたが。

聞くと、普段は東京で百貨店の外商とかそういうのを相手に商売をしてるんだけど、夏場はエンドである富裕層が軽井沢に行くんで東京に居ても仕方が無いから、もう何年も万平ホテルの場所を借りてこうして売ってるんだ。普通は百貨店に卸すところを直接売れるし、持って帰ってくれるのなら包装や保険を考えなくて良いから半値でも十分なんだ、知ってますか? 絵画の梱包とか大変なんですよ、うちの若い社員が頑張ってね、やるんですよ、保険も安くないし、なんていう愚痴なのか口上なのか良く分からない話を聞いていたらオイラ達の食事の時間になったので礼を言って立ち去った。結局のところどうなのか分からないけど面白かったな。

小さい額の2つセットがちょっといいな、と思ったのだけど、小生、美術には疎いので描いた人が有名なのかどうかも分からず、確か半値で買えば7万か8万ぐらいで、またその金額が微妙だし、別に買ったところで飾る場所も無いしということでスルーしました。

興味ある人は(?)、夏の万平ホテルに行ってみると会えるかも知れない。なんか、あそこのカフェでお茶するのが流行らしいですしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

MS Access

1年か2年に一度ぐらい「MS Access のツールを作って欲しい」という依頼が舞い込む。

無理っす。

オイラ Access で何か作ったこと無いし、ほぼ使ったことも無いはず。
「IT」とか「開発」っていうだけで、一般の方々には同じに見えるのかも知れないけど、中身は大工と内装業者ぐらい違いますよ。中には上手にクロスを貼る大工もいるかもしれないけど、オイラ不器用ですから。

というか、Access ってExcelの延長みたいなもんで、ちょっと出来る営業さんとか総務の人とかが自分の為に使うものじゃないのかしら?わざわざ外注するもの?
受ける方もそれで食っていけるとは思えないから、やっぱ器用な大工さんみたいな人が世の中にはいて、ちょこちょこ受けてたりするんだろうか?

んでまぁ、今回もその辺りの違いが分からない営業さん(分からないのは仕方ない)から CSV読み込んで素敵 Excel を吐き出すツールの見積を欲しいと言われたので、ゴメン無理だわ、誰か他の人探して、Webベースでも良ければ作れなくもないけど Excelのフォーマットによっては対応出来ないし、と言ったら「とりあえずそれでもいいから概算見積くれ」と。

お付き合いあるから一応受けましたけどね、出力するExcelのフォーマットとかも、プリントした奴のスキャンみたいで良く分からないし、何種類あるのかも分からない。トドメは「先方にサーバあるか確認してください。あるならスペック教えて欲しい」と伝えたところ、クライアントの"じょうほうしすてむぶ"ってとこから「スペックって何を伝えれば良いのか分からないのでサンプルをください」というコメントが伝言ゲームで伝えられてきたこと。

もうね、地雷臭しかしませんよ。

「リスク込み込みの概算見積しか出せんぞ。いいか、これは概算だぞ。全部決まるまで見積は出せないし、それまでは絶対に受注するなよ」と営業さんには伝えてビクビクしながら待ってます。お願いだから失注してくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月17日 (火)

今朝も通勤中に人でごった返す地下鉄出口に座り込むガキとそれを離れたところからボンヤリ見つめる母親を見た。「こっち来なさい」ぐらいは言ってるのかもしれないけど行動で示そうとはしない。邪魔やし危ないで。
「今朝も」というのは、行き帰りにこういう親子を見かけることがそこそこあるから。ヒドイのは4車線4車線の交差点の内側で四つん這いのガキを自転車から眺める若い父ちゃんというのがあったな。アソコまで行くと躾云々よりも殺したいのかと思うんだけど。

周りでも普通もしくは教育に感心高そうな親なのに、躾をしない親が結構多いというか多くなった気がする。週末立ち寄った商業施設のアパレルショップでも靴の試着用のソファにガキが土足で登って寝そべって漫画読んでた。しばらくしてやって来た母親は見た目は変ではないんだけどな、口で「やめなさい」というだけで引きずり下ろすでもなく、しばらくしたらまた自分の買い物に行ったようだ。

オイラの観測範囲でいくと、そういう親曰く「子供のうちは自由に」とかなんとか。じゃあ、躾やマナーはどうするのかと聞くと「そのうち、自分で気づくでしょう…」というようなことを言う。だとすれば公共の場で迷惑行為する塾通いの小学生、学校帰りの高校生、歩道ふさいで井戸端会議のオバハン達はまだ気づいていないのでしょうかね。そのうち気づくのか?遅すぎねーか?

小さい頃に躾しないで、小学校中学年ぐらいから親が色々言ったところで、そもそも「親の言うことを聞く」という回路が備わってないのでどうにもならんですよ。そんなの幾つも見てきた。

逆にDQN系の親だと「親の言うことを聞く」回路の植え付けだけが強烈に行われて躾どころか虐待みたいになったりするので、親に相応のマナーが備わってることが前提ですけどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

ホーム開幕戦

土曜は夕方雨予報だったのが途中から消えたりとはっきりしない天気だった。
午前中に築地で用事を済ませて、新宿へ。京王線に乗り換えて久々の味スタへ向かう。入り口から人が多い。ホーム開幕戦ならではか。

現地待ち合わせのHさんは忘れ物をして大遅刻とのメール、いつも一緒に観戦するマリサポのSさんは、詳しくは知らないが職場が大変な事になってて当分サッカーを見に行けないと思う、とのこと。一人で試合開始を待つ間は日射しが差し込んで暑いぐらいだったが、キックオフと同時ぐらいに日が陰った。

試合は基本的には東京ペース。後半に一時期横浜がペースを握ったのだけど、それ以外にはセットプレー以外で怖いところはなかった。横浜はあまりビルドアップという意識が感じられなかったし、齋藤1人で裏への抜け出しを狙っているようだったけど、東京のDF相手には厳しい。前でボールが収まる俊輔がおらず、年代別ブラジル代表10番のアデミウソンも器用なところを見せたものの、まだフィットしていない感じだった。とりあえずスピードで裏というよりはレジスタ的な選手のように見えたが、その割にはボールをキープして時間を作るような感じもしなかった。どうなんだろう。
東京は守備は問題ないけど、相変わらず決まらないのと、後半はパスミスが目立った。特に今年は上がり気味なのか、徳永が危ういのをいくつかなぁ。結果は2試合続けてのドロー。その内良くなるだろう、と思い続けていつのまにかシーズン終盤というのがいつものパターンなんだけどな。高橋、東などが控えから出てくる選手層の厚さは問題ないんだけどな。

この試合、ハリルホジッチ代表監督が視察したそうだけど誰がどう映ったかねぇ。権田がまた代表に取られるんじゃ無いかとか思ったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月13日 (金)

Yosemite遠隔Update

OSのアップデートって、やっぱある程度枯れてからの方が良いわけで。とはいえ、もう半年近いので、家の MacBook Pro はアップデートした。その前に、予備用の Air をアップデートしたら Mavericks より速くなったような気がしたのに驚いたのだけど。
よく考えたら新しいOSを入れたら動きが重くなるって進化じゃない気がするのだよね。

で、問題は職場に置いてる Air の方で、これは勤務中はずっと使ってるのでアップデートする時間がなくて。ダウンロードから更新からで数時間かかる、かつインタラクティブなUIなので放置して置いても解決しない。帰る前にダウンロード開始して、次の朝来たら「再起動します」とかで止まってて、結局そっから2時間仕事出来ないとかだと困るのですよ。

そこで、こないだ導入した Chrome の Remote Desktop で何とかならんかな、と。先日の Chrome のアップデートでタブではなくウインドウとしての起動も出来るようになって、ショートカットとかも使いやすくなったし。
ということで、帰る前にダウンロードスタート。ジムによって帰宅してから家から繋いで見ると「再起動ボタン押せ」というダイアログが。押して切断。朝起きて繋ぎ直したらログイン画面が出てたのでログインして見たら、そっから動かない。まぁOSアップデート後ありがちだな、と思ってオフィスについたら iCloud の設定画面が他の入力をブロックしていただけだった。

大した苦労も無くアップデートが完了し、問題なく使える。特に軽くなった気もしないけど重くなった気もしない。iPhone 繋ぐ度にイメージキャプチャが起動するようになったけど、これは左下の設定から変更。
で、使ってたんだけどプリントが出来ない。むーんドライバかー、と思ってドライバを最新のに入れ替えても繋がらない。ううううう、と思ってたら WiFi がゲスト用のルータに繋がってた。あ、優先順位リセットされるのね。

これで万事OKと思っていたら、Apache が起動しない。configtest したら so が無いとか何とか。あれ?と調べたら Apache 2.4 になってるのね。テスト環境作り直しですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月12日 (木)

普通

昼飯を買いにスーパーに行ったら出口のところでBBAが店員の兄ちゃんを叱ってた。特に興味も無いがキンキンした声は嫌でも耳に入る。どうやら「スプーン付けますか」と聞かなかったとか、そもそもスプーン付けなかったとか、そういうことに対するクレームらしい。それも、自分じゃ無くて知り合いかなんかしらんが隣に大人しく立ってる別のオバチャンの事らしい。
ちらと顔を見ると、いかにも、という感じの性格の悪そうなBBAで、言うだけ言って「何か言い訳があるなら聞いてやろうじゃ無い」といったようなドヤ顔だった。ああいうのが趣味なんでしょうかね。

先日、知人の営業マンがクライアントに電話したら担当者が休みだったらしく、「明日以降改めます」と行ったのに、クライアントの電話受けた人が気を利かせたのか担当者にLINE送ったそうで。そしたら寝起きの担当者から電話がかかってきて、「不動産会社は水曜が休みって常識だろうがぁ」みたいに凄まれたんだそうです。不動産業界って怖いですね。
いくらなんでも…遅刻社員にスタンガン 監禁、傷害容疑で社長逮捕

そういえば、スーパーのオバチャンも「普通はね」「普通はXXするもんでしょうよ」とかキーキー言ってたな。
常識って社会を潤滑にするための不文律みたいなもんだと思うんですがね、所謂老害の人達って、その辺が世間とずれてしまうんでしょうかね。認知症が進むと周辺環境とか状況の理解まで至らなくなるっていうからそういうのもあるんでしょうか。

とはいえ、自分は自分で、自分の普通が普通だからなぁ。難しいなぁ。気をつけなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月11日 (水)

ブーメラン

命を削って『殉愛』を書いた百田尚樹氏、2年前の本人に「そんなこと口に出して言うなよ」と言われる

ブーメランというと、某野党がさんざっぱら政権与党を批判して置いて、いざ政権交代したら同じような事やったり言ったりして過去の自分から批判されまくってたのが記憶に新しいところですが。
民主党 (日本) - アンサイクロペディア

こういうので思い出すのは小学校4年生の給食の時間。

話の流れは忘れたんだけど、何かオイラが友人の男の子に「お前、男のくせにスヌーピーかよ」みたいなことを言ったんだな。彼は白いトレーナーを着ていて、胸にでっかいスヌーピーの絵が描いてあったのだ。
そしたら、若い男の先生に「お前もやないか」と速攻で突っ込まれて見たら、オイラもトレーナーを着ていて、紺地に白のスヌーピーだったんだな。その場は大爆笑になったんだけど(今思えば関西の空気かもしれん)、笑いつつかなり恥ずかしかったな。今でも鮮明に画像として覚えてる。4年生だって分かるのも、その先生が画像に映り込んでいるからだ。

まぁ、教訓としては意識高い系の発言をしてしまったら、自分に対する縛りがどんどん増えるので気をつけて生きなければいけないってことですな。10歳なら許される笑い話も還暦近くなってというのは痛々しいので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月10日 (火)

金のマクブク

寝てる間に Apple Watch なるものが正式発表されたようだけど、vivo smart 使いにとってはあんなダサいものは要らない。期待してたのは AppleTV か AirMac Express の新しいのだったんだけど、両方無し。ただ、AppleTV が値下がりしてたので、今度不調になったら音楽聴く用に AppleTV 買って、WiFi ルータは別に日電かどっかのを買おうかなぁ。

その他、巷を賑わしているのは新しい MacBook のようだ。
アップル、新MacBook発表--重さ920g、待望の薄軽モデルはRetina搭載で14万8800円から

ま、オイラ、Pro1台とAir2台を所有しているのだけど、今度の奴は iPhone とカラーリングを揃えたのでシャンパンゴールドがあるそうな。オイラの iPhone はゴールドだけど、MacBook の金色はなぁ。「百」とか貼るぐらいしかないわなぁ。

で、USBポート1つとヘッドフォンのポートしか無いと言う話。まぁなぁ、キーボードとマウスはワイヤレスとしても、ガチで仕事で使うなら電源以外にディスプレイ出力とかUSBメモリとか刺したいよなぁ。皆様やたらとiPhoneの充電を言ってるようだけど、iPhone は WiFi で Sync するし、オイラ充電は ACアダプタ直だから、あんま気にしてないなぁ。

というか、ポート1個なのにそんなにビックリしないのは、オイラが自宅でノートPCしか使ったことがないからなのかもしれん。家でマジ仕事するには USBハブ必須だからねぇ。今なんて Pro に USBの HDD 2台と NAS2台が繋がってますよ。

ちなみに最初のPCは研究室の先輩のお古の Dynabook J-3100SS だ。その後、遠縁の親戚に PowerBook 160 をもらって、最初に自分で買ったのは ThinkPad だったかなぁ。その辺になると型番とか覚えてないなぁ。思い入れなのか有り難みなのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

そりあそび

「岩原は久しぶりなんですよ」

小さなバンを運転するホテルの社員に後ろから話しかける。駅まで迎えに来てくれた二十歳そこそこの眼鏡の好青年だ。少し考えて、就職してすぐ位に来たのが最後だと思い出す。「もう15年か20年近く前ですけど、急にチケットが値上がりしたことがあって。それから来なくなって」
20年ぶりに来る場所があるなんて、自分でも歳を取ったのにビックリする。
「20年前だと分からないですけど、ゲレンデも縮小したみたいで。ゴンドラも今は無いんですよ」との答え。

窓の両側を見ながら「随分雪が少ないですね」と話すと「今年は記録的に多く降ったんですけど、気温が高くてどんどん無くなるんです。別に晴れの日が多い訳ではないんですけどねぇ」と申し訳なさそうに話す。まぁ、3月入ってからのスキーだし、足元は気にせず春スキーと決めて楽しもう。

岩原は色々と楽しい思い出がある。学生時代、オイラがスキーを再開するキッカケになった先輩諸氏が湯沢を連れ回ってくれた中の一つ。フランス人の留学生とかと雪合戦やなんやして、ガンガン滑るというよりも遊びに行くという感じのゲレンデだった。

宿で着替えて外に出ると成る程暑い。チケット売り場に着いた頃には頭から汗をかいていた。ついたのが昼前だったので1本上がって早々に食事にする。岩原の良いのは良いワインと本格的なピザが食えるところ。

つーことで、ガッツリとピザと赤ワインを頂いてからゲレンデへ。

足元はシャーベット状ですがね、いいんですよ。胸元はだけながら大回りして滑るのもね。
金曜に休みを取って行ったもので、ゲレンデはガラ空き。往時を思い出すと少し寂しい気もするけど、滑る分には良いことです。

初日はのんびりと感覚を確かめながら4時間ほど滑って終了。早々に温泉に入って飯食って爆睡。

2日目は土曜と言うこともあって、朝食をとりながら窓の外を眺めているとドンドン麓から人間が供給されていく。流石に少し混みそうだな、と思って外に出たらやっぱり暑い。11時過ぎに早めにピザ屋へ。ほぼ満員だったけどギリギリで端っこに入れた。スプマンテとピザ。トイレでアンダーウェアを脱ぐ。スキーに来てるのかピザ食いに来てるのか分からないけどご満悦。

この日は初心者ボーダーが多かったけど、衝突事故は無く。昼過ぎまで滑って、2時半頃に気になっていたソリゾーンへ行ってみる。無料でソリを貸してくれるらしいので、友人とやってみるかとノリで行ってみた。
板を外してソリを借り、リフトに乗る。

ソリ持ってリフトに乗るのは初めてだったのだけど、降りるのメッチャ怖いな。スキーブーツは特に。
35年ぶりぐらいのソリは怖かった。自分の体重が上がってるんだろうけど。ただ、スキーと一緒で右に体重掛けると左に曲がるのな。その辺り掴んだ気がしたんだけど、流石にもう1回リフトに乗る気はしなかったので、大人しく宿に帰って温泉入って荷造り。宿の人に礼を言って駅まで送って頂く。

最後も学生時代から行っている居酒屋で緑川など飲んで終了。温泉と飯とスキーと、1/3ずつぐらいの旅行でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 6日 (金)

インチアップ

東芝のREGZAを愛用していたのだけど、年が明けてからおかしくなった。テレビを見る分にはいいのだけど、内蔵している時計が時々ハングするようだ。で、こうなると外部入力切替が出来なくなったりする。後、当然ながら録画予約が出来ない(作動しない)。テレビが見られるので問題ないと思って、騙し騙し2ヶ月ほど使ってたのだけど、この「時々ハング」というのが癇に障る。どうせなら全く動作しなくなれば諦めもつくのだけど、忘れた頃に変になる。

精神衛生面でのコストも考えて買い換えようかなぁ、と。見たら、購入したのは2007年6月のようだ。8年弱か。

とりあえず週末に家電量販店へ。まずパナを見る。何かピンと来ない。画面が白っぽい気がするのかな。画像で行くと、東芝、SONY、SHARP がさほど差異が無く綺麗。ただ東芝はどうも4K押しのような印象。別に4Kとかどうでもいいからなぁ、ということでフラフラ見てたら、SHARPのジャンパーの店員さんに声をかけられたので色々聞く。今は壁面収納に取り付けているので、そのサイズを伝えるとパパッと3種類ぐらい答えてくれて、特徴をそれぞれ教えてくれた。出来る販売員だ。めっちゃヤニ臭いのが無ければ最高なのに。

で、LC-50W20 ってのがユーザアンケートから起こした型だと言う話。ユーザの「こういう機能があったらいいのに」というのを中心に盛り込んだので、サイズも50インチ1種類だと。ちょっとまった、50インチなんて、うちの収納に収まるかいな、と思ってサイズを見たら入るのよね。縁が無い。なるほどということで御礼を言って、他も見て回る。結局、価格の面も大きかったかな、このAQUOSにした。

左の黒縁が右の黒縁になったのよ。すごいのよ。

さて、まずはREGZAを外す、ということで、配線に養生テープでなんのケーブルかをマークしつつ外し、取付金具の説明書を引っ張り出してきてテレビの裏側にドライバーを突っ込んでネジを外す。取付は業者に頼んだのだけど、外す段になって気づいた。テレビと金具を固定する最後のネジが入ってない。これ、直下型地震とか来たらテレビバウンドしたんじゃねーのか、と気づいて怒りがこみ上げる。こういう手抜きは外すまで気づきにくいよなぁ。

で、25kgだかの本体を腰を痛めないように外して、取ってあったスタンドにぶっ刺して固定。冬だというのに汗だくなのでタオルを頭に巻く。

あのクソ業者め、要らない穴も3つ空けてやがった。

今度は別途調達した金具を自力で付けていく。サージカルテープをつかって位置決めをして、木ねじで下穴を空け、金具を仮止めして、最後に対角線に締めて完成。親父がこういう工事のプロだったのでガキの頃に横で見ていて良かったと思う。それだけに逆にいい加減な工事をする輩は許せん。

広げた毛布の上に、箱から出した巨大なディスプレイを伏せて、腰に気を遣いながら設置。今度は20kg。大きくなったのに軽くなっているのが素晴らしい。

なんとか設置完了してご満悦。最初の内は全盛期の斉藤由貴ばりに紗が掛かったように白飛び気味だったのだけど、明るさセンサのせいだったようなので、諸々調整して終了。これで消費電力も随分下がるらしい。
画面が大きくなって粗くなるんじゃ無いかと危惧したけど、企業ロゴみたいなメリハリのある画像でも角もクッキリなので満足ですよ。問題があるとしたらREGZAでは出来た家の外からのメール予約が出来ないってことかな。ま、メインはHDRなので問題ない範囲だけど。

で、8年前のREGZAはNAS録画だったのだけど、今回はUSB HDD 対応になったので、NASが余った。RAID組んでたので、ついでに中身のDisk換装して容量アップして Mac につないだら入れない。うおー、と思って調べたら AFP の対応方式の問題か。
MacOS X 10.9 で少し古い LinkStation に AFP で接続する方法 - Fluffy white croquis

ということで、諸々解決して終了。古いREGZAは別の部屋で単なるテレビとして余生を送ることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 5日 (木)

世襲

古代ローマ時代から世襲は難しい事が分かっているのに、未だに一部の経営者や政治家は世襲に拘るのだよなぁ。子供の居ないオイラには分からない何かが突き動かすのだろうか。

以前、はるか西方まで飛行機に乗って何度も通った地場企業がありましてな。社長の一声で始まった社内システム全取っ替えプロジェクトでして。それはまぁデカい案件でしたよ。オイラがシステム作るというレベルじゃ無くて、製品選定してコンサルや導入企業を管理して、という話になるはずだったのですが、立ち消えました。ま、出張費は当然もらえたし、謝罪もされましたけどね。

長男派と娘婿派の派閥争い、東京の奴等にシステム入れ替えられたらこれまで吹っ掛けてた保守費用をもらえなくなると焦る地場のメーカ系SI、その担当者と飲み友達の情シス部長、色々と入り乱れて訳の分からん妨害喰らったりしましたが思い出すと楽しいですね。バカにするわけでは無いけど、やっぱり田舎って凄い。

ま、今話題なのは東京有明の大塚家具ですけどね。今更、カッシーナにもなれんだろうし、ニトリと勝負も出来ないと思いますが、両方とも口で言うのは簡単だよなぁ。ま、無借金ということで乗っ取りたい魑魅魍魎も居るでしょうけどね。応援しまっせ、と乗っかってバラして全く別の事業やったら面白いのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

感情

昔から感情表現が苦手でしてね。すげーな、とか思ってもイマイチ表に出ないらしい。贈り物とかもらったときのリアクションが最悪だと思う。これでも長年のトレーニングで改善した方だと思うけど。
メリットとしては細かい事で怒ったり凹んだりしないし、ちょっとやそっとでは驚かない。

多分、ガキ(小学校高学年)の頃から効率重視の生き方をしてるので、オーバーリアクションとか都度凹むとかいうのが非効率だと体に叩き込まれているんだろう。

仕事をしてると、まぁ仕事以外でもそうだけどまるで裏返しの人がいる。「うわ、すごいですね」とか言いながらキラキラ星が出そうな勢いでテンション上がったり、ちょっと上手く行かないだけでむくれたり凹んだり。どっちかと言うと女性に多いかな。
やっぱリアクションが良いと話す方もテンション上がるみたいで、お客さんから色々と聞き出したりするスキルは凄いなぁと思うんだけど、一方で都度凹んだり、それが他の仕事に影響したりしてるのを見るとムラっ気があるなぁ、と思ってしまう。

総じて考えるとやっぱ冷静な方が仕事には向いているような気がしてしまうんだよな。仕事内容や顧客に対しての好き嫌いが激しいと、苦手な客を避けたり、好きな仕事にはコスト度外視ではまり込んだりするし。
それに感情的な人の方がぶっちゃけ手がかかる。教育しても身につくのに時間がかかるし、すぐに抜けたりするし。なんというか凹凸が激しくて後からルールとかスキルを乗せるのが難しい感じだ。良いときは凄く良いけどダメなときはダメってのも困るし。

もちろん、これはオイラの周りの仕事なのであって、例えば接客業とかアート系の仕事だったら別の評価が出来るんだと思う。

別の経営者と話したときも「芸術家肌は採らない」って言ってたので、高い目線で長期に見るとやっぱそういう感じになるのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 3日 (火)

RWC 2019

今年は World Cup Year なのだけど、4年後の日本開催の競技場が発表された。
Host cities and venues announced for RWC 2019 in Japan

未だに日本開催が浸透してるようには思えないけどな。落選したのは仙台、京都、長崎とのこと。どことは書かれてなかったけど「やりたいけどお金は出したくない」みたいな自治体もあったとか。リニアの駅の時もあったけど、近頃の自治体は妙だなぁと思う。誘致しておいて、あんたらの金でうちの地元を盛り上げて下さい、一銭も出す気はありません、みたいな。

12の競技場を見ると何となく、福岡、熊本、大分と九州に多すぎる気もするけどな。福岡は収容人員少ないけど外せなかった感じかな。大分デカいし。

NZ 行ったときは随分先の事だと思ってたけど、あれも4年前になるんだなぁ。4年後、ホスト国としてどれだけの戦いが出来るのか。今年の England 大会で代表が 2勝ぐらいすれば盛り上がるんだろうけど厳しいかねえ。

あと、国立競技場、本当に収容人員 8万で完成してるんだろうか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 2日 (月)

後藤

金曜の昼ぐらいに「後藤騎手自殺」というニュースをネットで見かけてビックリした。結局週を明けても動機などハッキリしないみたいだけど事件性は無いと。

個人的に特にあれで勝たせてもらったとかやられたとか印象に残る騎乗が有るわけでは無いのだけど、スポーツバラエティに出たり、おもしろインタビューやってた変なキャラだった。ダイヤモンドSだかの勝利ジョッキーインタビューに腹筋マシンつけて出てきてたのは印象的だったなぁ。

近頃は落馬でエラいことになって、斜行した岩田がオークス勝利後にいきなり謝罪したこともあったり、先週も北村が斜行した煽りで落ちたり、何かついてないけど頑張ってるなぁ、と思ってた矢先だったので驚きしかなかった。

週末も15鞍の騎乗予定があった売れっ子バリバリだったのに、土曜は淡々と乗り変わりが発表されて、いつも通りにレースが進行していくのを眺めてボンヤリしてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »