« 世襲 | トップページ | そりあそび »

2015年3月 6日 (金)

インチアップ

東芝のREGZAを愛用していたのだけど、年が明けてからおかしくなった。テレビを見る分にはいいのだけど、内蔵している時計が時々ハングするようだ。で、こうなると外部入力切替が出来なくなったりする。後、当然ながら録画予約が出来ない(作動しない)。テレビが見られるので問題ないと思って、騙し騙し2ヶ月ほど使ってたのだけど、この「時々ハング」というのが癇に障る。どうせなら全く動作しなくなれば諦めもつくのだけど、忘れた頃に変になる。

精神衛生面でのコストも考えて買い換えようかなぁ、と。見たら、購入したのは2007年6月のようだ。8年弱か。

とりあえず週末に家電量販店へ。まずパナを見る。何かピンと来ない。画面が白っぽい気がするのかな。画像で行くと、東芝、SONY、SHARP がさほど差異が無く綺麗。ただ東芝はどうも4K押しのような印象。別に4Kとかどうでもいいからなぁ、ということでフラフラ見てたら、SHARPのジャンパーの店員さんに声をかけられたので色々聞く。今は壁面収納に取り付けているので、そのサイズを伝えるとパパッと3種類ぐらい答えてくれて、特徴をそれぞれ教えてくれた。出来る販売員だ。めっちゃヤニ臭いのが無ければ最高なのに。

で、LC-50W20 ってのがユーザアンケートから起こした型だと言う話。ユーザの「こういう機能があったらいいのに」というのを中心に盛り込んだので、サイズも50インチ1種類だと。ちょっとまった、50インチなんて、うちの収納に収まるかいな、と思ってサイズを見たら入るのよね。縁が無い。なるほどということで御礼を言って、他も見て回る。結局、価格の面も大きかったかな、このAQUOSにした。

左の黒縁が右の黒縁になったのよ。すごいのよ。

さて、まずはREGZAを外す、ということで、配線に養生テープでなんのケーブルかをマークしつつ外し、取付金具の説明書を引っ張り出してきてテレビの裏側にドライバーを突っ込んでネジを外す。取付は業者に頼んだのだけど、外す段になって気づいた。テレビと金具を固定する最後のネジが入ってない。これ、直下型地震とか来たらテレビバウンドしたんじゃねーのか、と気づいて怒りがこみ上げる。こういう手抜きは外すまで気づきにくいよなぁ。

で、25kgだかの本体を腰を痛めないように外して、取ってあったスタンドにぶっ刺して固定。冬だというのに汗だくなのでタオルを頭に巻く。

あのクソ業者め、要らない穴も3つ空けてやがった。

今度は別途調達した金具を自力で付けていく。サージカルテープをつかって位置決めをして、木ねじで下穴を空け、金具を仮止めして、最後に対角線に締めて完成。親父がこういう工事のプロだったのでガキの頃に横で見ていて良かったと思う。それだけに逆にいい加減な工事をする輩は許せん。

広げた毛布の上に、箱から出した巨大なディスプレイを伏せて、腰に気を遣いながら設置。今度は20kg。大きくなったのに軽くなっているのが素晴らしい。

なんとか設置完了してご満悦。最初の内は全盛期の斉藤由貴ばりに紗が掛かったように白飛び気味だったのだけど、明るさセンサのせいだったようなので、諸々調整して終了。これで消費電力も随分下がるらしい。
画面が大きくなって粗くなるんじゃ無いかと危惧したけど、企業ロゴみたいなメリハリのある画像でも角もクッキリなので満足ですよ。問題があるとしたらREGZAでは出来た家の外からのメール予約が出来ないってことかな。ま、メインはHDRなので問題ない範囲だけど。

で、8年前のREGZAはNAS録画だったのだけど、今回はUSB HDD 対応になったので、NASが余った。RAID組んでたので、ついでに中身のDisk換装して容量アップして Mac につないだら入れない。うおー、と思って調べたら AFP の対応方式の問題か。
MacOS X 10.9 で少し古い LinkStation に AFP で接続する方法 - Fluffy white croquis

ということで、諸々解決して終了。古いREGZAは別の部屋で単なるテレビとして余生を送ることにします。

|

« 世襲 | トップページ | そりあそび »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/59152356

この記事へのトラックバック一覧です: インチアップ:

« 世襲 | トップページ | そりあそび »