« インチアップ | トップページ | 金のマクブク »

2015年3月 9日 (月)

そりあそび

「岩原は久しぶりなんですよ」

小さなバンを運転するホテルの社員に後ろから話しかける。駅まで迎えに来てくれた二十歳そこそこの眼鏡の好青年だ。少し考えて、就職してすぐ位に来たのが最後だと思い出す。「もう15年か20年近く前ですけど、急にチケットが値上がりしたことがあって。それから来なくなって」
20年ぶりに来る場所があるなんて、自分でも歳を取ったのにビックリする。
「20年前だと分からないですけど、ゲレンデも縮小したみたいで。ゴンドラも今は無いんですよ」との答え。

窓の両側を見ながら「随分雪が少ないですね」と話すと「今年は記録的に多く降ったんですけど、気温が高くてどんどん無くなるんです。別に晴れの日が多い訳ではないんですけどねぇ」と申し訳なさそうに話す。まぁ、3月入ってからのスキーだし、足元は気にせず春スキーと決めて楽しもう。

岩原は色々と楽しい思い出がある。学生時代、オイラがスキーを再開するキッカケになった先輩諸氏が湯沢を連れ回ってくれた中の一つ。フランス人の留学生とかと雪合戦やなんやして、ガンガン滑るというよりも遊びに行くという感じのゲレンデだった。

宿で着替えて外に出ると成る程暑い。チケット売り場に着いた頃には頭から汗をかいていた。ついたのが昼前だったので1本上がって早々に食事にする。岩原の良いのは良いワインと本格的なピザが食えるところ。

つーことで、ガッツリとピザと赤ワインを頂いてからゲレンデへ。

足元はシャーベット状ですがね、いいんですよ。胸元はだけながら大回りして滑るのもね。
金曜に休みを取って行ったもので、ゲレンデはガラ空き。往時を思い出すと少し寂しい気もするけど、滑る分には良いことです。

初日はのんびりと感覚を確かめながら4時間ほど滑って終了。早々に温泉に入って飯食って爆睡。

2日目は土曜と言うこともあって、朝食をとりながら窓の外を眺めているとドンドン麓から人間が供給されていく。流石に少し混みそうだな、と思って外に出たらやっぱり暑い。11時過ぎに早めにピザ屋へ。ほぼ満員だったけどギリギリで端っこに入れた。スプマンテとピザ。トイレでアンダーウェアを脱ぐ。スキーに来てるのかピザ食いに来てるのか分からないけどご満悦。

この日は初心者ボーダーが多かったけど、衝突事故は無く。昼過ぎまで滑って、2時半頃に気になっていたソリゾーンへ行ってみる。無料でソリを貸してくれるらしいので、友人とやってみるかとノリで行ってみた。
板を外してソリを借り、リフトに乗る。

ソリ持ってリフトに乗るのは初めてだったのだけど、降りるのメッチャ怖いな。スキーブーツは特に。
35年ぶりぐらいのソリは怖かった。自分の体重が上がってるんだろうけど。ただ、スキーと一緒で右に体重掛けると左に曲がるのな。その辺り掴んだ気がしたんだけど、流石にもう1回リフトに乗る気はしなかったので、大人しく宿に帰って温泉入って荷造り。宿の人に礼を言って駅まで送って頂く。

最後も学生時代から行っている居酒屋で緑川など飲んで終了。温泉と飯とスキーと、1/3ずつぐらいの旅行でした。

|

« インチアップ | トップページ | 金のマクブク »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/59200953

この記事へのトラックバック一覧です: そりあそび:

« インチアップ | トップページ | 金のマクブク »