智慧袋

2015年5月12日 (火)

タイヤに窒素

車には乗らないのだけど、連休中に見かけた記事に車のタイヤに窒素を入れると良い、というものがあった。空気圧が下がりにくいということで、ガソリンスタンドなどでも勧めるところが多いらしい。連休で長距離移動する時期だったからでしょうか。

ただ、書いてあった理由が眉唾物で、「酸素より窒素の方が分子が大きいからタイヤの隙間から漏れにくい」といったようなもの。周期表で隣同士ってことは基本的には電子1つ分の差の筈なのですが。

で、調べるとファンデルワールス半径で3pm、共有結合半径で2pm違うそうなので、共有結合の長い方で考えると、10pm 窒素の方が大きいですかね。窒素の長い方で460pmということで、2%の違いがタイヤのゴムの隙間を抜けるか抜けないかに影響するとは思えず。知恵袋系でも結構質問が出てるのな。
「ショップの言うことなんか嘘です」なんていう回答もあったり。

ということでタイヤメーカのページを見るとあっさりあった。
Q7.タイヤに入れるチッソって?│何でもタイヤ講座│トーヨータイヤ

やはりサイズの問題ではないのだけど、不活性なので動きが鈍いとある。あれかな、タイヤ内の成分と反応しにくいとかいうのもあるのかもしれないな。
ゴムの気体透過性、ガス透過性 - パッキンランド
このページの下の方を見ると、50度の天然ゴムの等価比率は122:50ということで、2倍以上酸素の方が透過しやすいということになる。一方で合成ゴムでタイヤにも使われるブタジエンゴム(SBR/BR)はほとんど差が無いか、スチレン・ブタジエンゴム(SBR)に至っては窒素の方が通りやすいようだ。

ということで、天然ゴムタイヤを履いているなら明らかに窒素入れた方が空気圧が落ちない、ということだけは言えそうな。

ちなみにショップやスタンドではF1や飛行機のタイヤにも窒素が入っているというセールストークがあるようだけど、それはまた別の理由が大きそう。
航空機のタイヤが窒素を入れる理由
「燃えない」「錆びない」「凍らない(水蒸気が排除される)」という安全面の理由も大きいそうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月23日 (月)

いただきます

週末ネットの海で知った。

いただきますする。

非常に興味深い話で、食事の前に「いただきます」と言って、合掌するというのは地方によって偏りがあるという話。「いただきます」と言うか言わないか、手を合わせるか合わせないかの 2x2 のマトリクスがあるが、「いただきます」というのは大多数のようで、問題は手をどうするかのようだ。

オイラは神戸生まれで18まで神戸に育ったが、食事の前は手を合わせて「いただきます」であった。親もそう教えたし、幼稚園や小学校でもそうだった。
でも、このサイトを見ると、関東では「いただきます」と言うけど軽く礼をする程度、とか膝は手の上とかいう。

確かに上京してからこのかた、何度か親戚とか知人の子供と食事をする際に、手を合わせないのが気になることはたまにあった。キリスト教の幼稚園行ってて、とかいうのは別だけど。

でも、方言のようなものなのだなぁ。その割に知られていないのは礼儀作法だからか。
おそらく関西を中心に手を合わせる地方の人は、それ以外を「躾がなってないなぁ」と見ているし、逆に手を合わせない地方の人は「なんか宗教的で気持ち悪い」と思っているんだけど、微妙なところなので、そこそこ親しい間柄でも指摘しないのだろう。

あんま関係ないのだけど、「ごちそうさま」が英語には無いようで、困ったことがある。以前書いたかな?

KEiさんの結婚式で Napa の方に止まったのだけど、そこがホテルではなくて、あれ何て言うんだ、日本で言うところの民宿って感じで、部屋がいくつかあって当然バラバラに止まるんだけど、ご飯は1つの食堂で一緒に食べるのよね。で、「朝飯は7時から」とか言われるので、その時間に食堂に降りていくと宿泊者が全員いるわけです。全部で20人弱ぐらいだったかなぁ。ちなみに独り者はオイラだけでしたけどね。

んで、宿のオバチャンが作った食事を頂くのですが、まぁ適当に「何しに来たの?」「へぇ、結婚式」「私たちの時はね…」なんていう話をして食事が終わる訳です。が、まぁ、オバチャン(奥様方)が10人弱集まると話が止まらないのは日本もUSも同じでしてね。手持ち無沙汰なオッサン連中は新聞読み始めたり、奥方を介して話に入ろうとしたりしてるんだけど、単身参加のオイラは本当に手持ち無沙汰でして。そうだ、別に日本人友人も居たけど、遠い席にされたんだか体調崩して朝食パスしたんだったか。

「ごちそうさまです」と一言言って部屋に帰りたかったのだけど、英語での「ごちそうさま」が思いつかず。
結局ボンヤリと雲が晴れて青空が広がっていく窓の外を眺めていたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火)

マイコン

年末に炊飯器が挙動不審になった。なんつーか水加減がおかしいというか、ちゃんとした水の量なのに妙にご飯が硬めだったり。
学生時代から使ってるものだからな。そろそろかな。と思って大手家電量販店に。

まぁ近頃は10万弱のお高い炊飯器が出てきているんですよね。保温だのパンが出来ますだの、色々と機能を見ていくと楽しくなってきて、典型的男性脳のオイラとしては思わず高級機に手を出しそうになるのだけど、そこは我慢。「炊飯」「タイマー」「保温」の最低限の機能に絞って探すと、価格は1万円前後になるが、それでも選択肢は多い。3合炊きに絞って見ると、安いのは「マイコン」と書いてある。これまた懐かしい響きだ。

その場で調べると、マイコンの対極が IH だそうで。ああ、そういえば IH 炊飯器って聞くね。
マイコンは釜の底をヒーターで温める方式。更に昔はマイコンがなくてサーモスタットが入ってた。確かオイラが物心ついた頃に目にした実家のナショナルの炊飯器はこれで、底のところに電磁石のついたバネが入っていて、ある程度の温度になるとカチーンと音がしてバネの力でヒーターがオフになるようなものだったと思う。これだとバンバン制御になるので、温度が上下を繰り返して理想的な炊飯が出来ない。
そこで、マイコンに予め加熱パターンを入れておいて、炊飯のステップ毎に加熱を変えていく画期的な方法が生み出された。

これの欠点は電熱ヒーターで底から温めること。電熱器で料理することを考えれば良いが、とてもじゃないが直火に比べて弱いので米の量=水の量が多いと不味い米が炊ける。わしゃ知らんが5合を超えると顕著なんだそうな。
で、出てきたのが IH。Induction Heating で拭き掃除で済むレンジ台の方がメジャーだけど、あれと同様、電磁誘導で釜自体に電流を起こして抵抗で発生する熱で加熱する。この方法だと底からではなくて、釜全体が発熱するので万遍無い加熱が可能だし、マイコンに比較して直接的なので高温を与えられる。与える熱のコントロールも容易。但し、電熱ヒーター(マイコン)よりは電力を食う。

さて、これが分かったところでどうするか。というのが、オイラが求めているのは3合炊きなので、そうなるとマイコンでも IH でも大差なさそうなのである。マイコンは安いけど少しだけリスク(?)がある。
後はデザインというか大きさ。近頃の炊飯器って奥行きがあって四角いのね。昔は炊飯器ってーと丸かったと思うのだけど。

で、迷った挙げ句に IH にしました。その場で価格をざっと調べたのだけど、量販店が安かったのでお持ち帰り。
いそいそと釜を洗って、炊飯してみたんですがね、先代が元気な頃と味はあまり変わらない気がしますね。炊飯器がどうこうっていうより米の質のほうが大事だなぁ、と当たり前なことを思ったり。後、結構音が大きいですよ。もう1つ言うと、無印の土鍋でも同じぐらいに炊けます。ただあれば付きっきりじゃないといけないし洗うの面倒だけどな。良い点は、もしかしたら炊飯時間が短くなったかな。後、湯気の出方が上品になった気がする。

つーことで、3合ぐらいの米を炊くという面で言うと、炊飯器業界は煮詰まってるのかもしれません。誰か革命児が出てこないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月24日 (水)

さしみ醬油

友人のSさんは家で飲み会を開くと魚を取り寄せて捌いてくれたりする。美味いのですよ。
ただ、折角の美味そうな刺身に濃口醬油を出してくるのが、ちゃんと料理する人なのに残念というか不思議というか、そう思ってた。

うちには料理用の醬油はもちろん、さしみ醬油が常備されている。実家もそうだし、オイラが一人暮らししてからもずっとそうだ。だから、刺身や寿司はさしみ醤油で食う。目玉焼きにかけるとかそういう用途には調理用の醬油。冷や奴だと微妙だな。どっちでもいい。

先日のSさんの家の飲み会で、ついに気になって同席の方に聞いてみたら、刺身に濃口が普通だとか。千葉の人と埼玉の人。むむ、そういえばSさんは東北出身だったな。さしみ醤油は関西の文化か。と思って滋賀は草津出身の方に聞くと「さしみ醬油があることもありますねぇ」と。どうやらご実家には無いらしい。ということは、関西の中心部限定なのか(滋賀の人スマン)。

さしみ醬油は「再仕込み醬油」といって、麹に塩水を加える代わりに醬油を加えて作る。貴醸酒と同じである。これによってコクと軽い甘みが出るそうな。周防国から広まったという話もあるので、もしかしたら近畿でも西の方の風習なのかも。普通に東京のスーパーでも売ってるから気づかなかったよ。20年間も。

ちなみに九州の醬油は甘くて有名だけど、あれは甘味料が入っている。醬油はまだ耐えられるけど、先日大分から送って貰った鍋セットに付いていたポン酢が甘かったのはビックリしたし、正直美味しいとは思わなかった。佐賀で甘いタレ(?)で湯豆腐食ったときはそうでもなかったんだけど、鍋の魚を甘いのでってのはちょっとね。
かつて砂糖が貴重品だった時代に、砂糖が手に入りやすかった九州ではおもてなしとして甘い料理を出す習わしがあったのだとか。

オイラも店で甘いのだけだったらちょっとツラいかなぁ。郷に入っては、とは言え、食材が美味いのに調味料が口に合わないのは残念だ。
逆にオイラの行く寿司屋の常連さんに、福岡出身で砂糖入りのマイ醬油を寿司屋に置いていた人が居たそうである。美味い寿司を塩っぱい醬油で食うのは我慢ならんというところか。鍋目当てに九州方面に行くと木はマイポン酢持参するかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月18日 (木)

蝦夷共和国

昨日、寒風の中歩いて帰宅していると、左手首が震えた。見ると vivosmart に電話番号が。初の電話着信ですよ、と喜んでる暇も無く iPhone を取り出して出る。

「日本郵政のものですがー」
「はい」
「しげおさんでしょうかー」
「はい、そうです」
「XX様あてのお荷物ですね、お酒と書いてあるんですが、中身はなんでしょうか?」
「はぁ?(酒って書いてあるんやろ)」
「ラベルにお酒とだけ書いてあるんですー」
「(こいつ大丈夫か?) あの、よくわからないんですが、北海道のXX様宛の荷物ですか?」
「そうですー」
「中身はお酒だと思うんですけど(禅問答?)」

先日行った酒屋主催の試飲会で幾つかワインを買ったのだけど、ついでに北海道方面にも送った。
といっても実際に送ったのはオイラでは無く酒屋なんだけど。

「あのー60度以上のお酒が入ってるとですねぇー…」
「(あー、関税とかね)あぁ、中身はワインですから15〜16度ぐらいかと」
「あー、それなら大丈夫です」
「よろしくおねがいします。失礼します」

と切ったものの、北海道って関税かかるの?本土から蝦夷地へのアルコールの持ち込み量に制限あるとか?
釈然としないまま帰宅して調べたらあった。
ゆうパックでお酒は送れますか? - 日本郵便

アルコール度数が70度以下のものであれば、ゆうパックとして送ることができます。 ただし、アルコール度数が基準以下であっても、1容器あたりの容量が5リットル以上のものは航空機への搭載ができないため、配達が1~4日程度遅れることがあります。   
※ なお、郵便物、ゆうメール、ポスパケット、国際小包及びEMSについては、アルコール度数60度未満のものまでしか送ることができません。

確か60度って言ってたからポスパケットなるものなんだろうか。つーか、70度超える酒は逆立ちしても郵政では運べないのか。何か変なの。

と思ったら、法律があるのだな。
郵便法による郵送禁止品 - 日本郵便
引火性のもの、として「アルコール類(メタノール、ブタノールおよび変性アルコールを含む。)およびこれを60%以上含有する製品(香粧品、酒類等)」とある。あれ?60%?と思ったけど、こっちは重量濃度なのかなぁ。ダブルスタンダードにも見えるけど。
ということは、郵政のオッチャンはこっちのことを言ってた可能性が高い。だったら「度数」聞いたらアカンやん。

つーか、オイラの自宅の方に送った方は何も言われなかったのだよな。よぐわがんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月12日 (火)

キュウリのヘタ

晩飯作るのにキュウリを切りながらふと思い出した。

多分、親に習った気がするのだけど、キュウリのヘタを切り落として、切り口をこすり合わせると泡が出てあく抜きが出来ると。
一人暮らしして早20年以上、一度もそんなことしたことは無かった。近頃のキュウリはそのまま食べて苦かったりはしないしね。
というか、先っちょ切ってこすり合わせたらキュウリ全体の味が変わるなどというのは眉唾物では無いか。

それを思い出した。

そもそも、あの伝承は何だったのだろう?関西限定都市伝説のようなものかしら?と思って検索してみたら思いがけないページに当たった。
キュウリの「ヘタ」と「実」の切り口をこすりあわせることにより渋味を低減できる | 農研機構

農研機構は元は農水省の試験研究機関で、今は独立行政法人だそうだ。

レポートを見ると実際にヘタをこすり合わせて(2分間は長いけど)、キュウリの中頃を切って測定したり試食させたりすると有意に渋味が減っているように見える。まじなのかー。
まな板でゴロゴロする板ずりも同様の効果が期待できると言うことで、伊達や酔狂ではないんだなぁ。えらいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 1日 (火)

出べそ

「売春婦の子」ウルグアイ大統領が罵倒
例の噛みつきスアレスに対する処分が重すぎるということで、「FIFAの連中は売春婦の子だ」と大統領自らが仰ったらしい。スペイン語で言ったらしいけど、英語にも同じ言い回しあるね。
ワールドカップつながりだとマテラッティとジダンの件があるね。あの時はイタリア語だったけど、ジダンは同じラテン語圏ということで分かったのか。ユーベ時代に習ってたんでしょうか。あれも似たような話だったはず(姉貴と売春婦がどうたらとか)。

日本で悪口言うときにそんな強烈なのって無いと言うか、「売春婦の子」とか公然と口にするのも憚られる感じなのは文化なんだろうな、と思いつつ、同じような言い回しを考えていたら「お前のかあちゃん出べそ」しか思い当たらなかった。

しかし、この言い回しを何で知っているのか分からない。言われた覚えも言った覚えも無いけど、何かで繰り返し見聞きしたんだろうか。というか、言ってもダメージ与えられそうに無いし、言われてもツラくないし、何よりダサい。

で、やっぱりこれを調べる人がいるものだけど「言葉の常備薬」という書籍に寄れば、「でべそ」は臍ではなく女性器のことなんだとか。ということで、「お前のかあちゃんのアソコを知ってるぞ」→「お前のかあちゃんはヤリマン」→「お前は売春婦の子」みたいな感じで結局同じような意味合いに落ち着くようだ。
何か洋の東西を問わないところを見ると人間の根源的な痛点なんでしょうかねぇ。ただこれが、大陸方面に行くと「やっちまうぞ」的な方向に行くらしいので、それも何度となく皇帝の変わった歴史と文化かもしれないな、とか思ったり。

ま、ホンマかウソか分かりませんが、そういう意味合いらしいと知ったら、ますます口にすること無さそうですね。そもそも今のガキンチョは知ってるのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月31日 (金)

モータープール

一緒に働いてる若者に「しげおさん、関西ではモータープールって言うんですか?」と聞かれた。
「ん?」と思ったけど、ああ、駐車場の事ね、そういえばこっちでは見かけないなぁ、と。
ガキの頃親に連れられて阪急共栄ストアに行く途中に「月極モータープール」っていう青い看板があった記憶が蘇る。当時は「げっきょく」も良くわからんかったけどね。

確かに東京には無くって、普通に「××駐車場」とか「○○パーキング」だねぇ。
Motor Pool って言葉があるのかと調べてみると、所謂「carpool(相乗り)」の意味があるものの、駐車場としての使い方は和製英語なんだとか。

でも更に調べてみると、軍隊用語で基地内に作る車両基地のことを Motor Pool というそうな。軍用車両を止めて整備や給油などが出来る拠点の事らしい。何故それが関西で使われる言葉になったのか。終戦後の神戸への連合軍進駐とか関係あるのかしらねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月29日 (木)

三重郡

昨日は国立競技場で塩っぱいJの試合を見た後、知人宅で酒盛り。何が塩っぱいって、東京の攻めのバラバラさ加減と、観客からのブーイングで思い出したようにファウル取る審判と、鳥栖の見苦しい時間稼ぎと、何もかも皆塩っぱかった。神宮球場の花火が綺麗だったな。

で、知人宅で酔いが回ってきた頃に出して来た特別純米の酒。神の穂という三重の酒米で作ったものだそうだが、特純の割にはすっきりとして美味い。と思ってクイクイ飲んでると口の中が甘くなってくるという不思議な酒。

田光と書いて「たびか」と読むらしいこの酒、ラベルを見ると蔵の所在地が「三重県三重郡」となっている。何か気持ち悪いなと思って、何が気持ち悪いのかと思ったら「三重市」じゃないところだ。というか、三重郡があるんだったら三重郡を三重市にして県庁所在地にするのが筋じゃないのか。

調べるとそもそも伊勢国の国府は今の鈴鹿辺りらしい。これが江戸時代には藤堂高虎の伊勢津藩32万石になり、津城が居城となった。ということで、津が中心。
津ってのは古称が安濃津(あのつ)っていう港の名前だそうで、明治に入って廃藩置県の後、統合で安濃津県が出来て県庁所在地が津になったと。この時、南部の鳥羽の辺りは度会県という別の県だった。

ここまでは良かったんだけど、安濃津県の中でも不満分子の多い南部を避けようということで、県庁を北の四日市に移し四日市のあった三重郡の名前をとって三重県と県名を変更した。これが明治5年。

ところがやっぱり四日市は手狭だということと、南部の度会県と合併することになりそうだってんで、県庁所在地を翌年末に津に戻してしまったのだけど、この時は県名を変えなかった。
かくして、三重県なのに津市が県庁所在地で、別に三重郡が存在するという不思議なことに。

ちなみに津はギネスブックに世界一短い地名&駅名として登録されているそうだが「Z」として登録されているんだそうな。何かセコい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 5日 (金)

印税

先日税務署に行った。で、待ってる間に、自称ミュージシャンが来て係の人と話してたのが余りに面白かったんだけど、書くと問題ありそうだから割愛。
その方は「権利」の収入があるらしい。係員が「あー、印税ですか」と言っていた。

そんな話を西海岸の御仁としていたら「印税から税金取られるって納得いかんよね」と。
確かに税金から税金取られるって変な話だ。ん?待てよ。「印税収入」って言うけど、なんで税金が一般国民の懐にはいるのだろう。

で、調べてみると「印紙税」からの連想で「印税」と呼ばれるけど税金でも何でもないらしい。

昔は書籍を売る際に「検印紙」という収入印紙のようなものを本1冊ずつに貼り付けて、著者が消印(検印)をしたと。実際に本人がしたのか分からないけど、1万冊とか売れちゃったら1万冊にペタペタシール貼って、消印したんでしょうかねぇ。で、この検印紙を貼った数に比例して著者に収入が入ると。これが「印税」だそうで。
そういえば、親父の本棚にある古い本とかは小さい切手みたいなのが貼ってあったのを思い出したのだけど、ちょうどオイラが生まれた70年代ぐらいから徐々に廃止されたらしい。

元々は、出版社が勝手に海賊版を出すことを防止する役割があったようだ。つまり著者に黙って増刷したりするとこの印紙が付いていない本が店頭に並ぶことになるのでバレる、という算段だったようだが、古くは書いた内容に対して著者が責任を持つ、という意味合いもあったようだ。

そういえば学生ベンチャー時代に思いつきで作った某素材集が思いがけず売れて、販売会社がオイラ達に黙って勝手に増刷(?)して売ってたっていう話があったなぁ。あの頃は契約とか良く分からなかったから実際どうだったのか知らんけど。ま、オイラは成果報酬制のバイトみたいなもんだったしな。「こぴーらいと」とか知らずに某外資系企業に目を付けられて怒られたのだけど、そこから付き合いが始まってお仕事いただけたり、何だか良く分からない流れに乗るキッカケになったソフトだった。

そう考えると、検印を廃止した現代では、どうやって出版社が勝手に増版することを防いでるんだろう。やったら訴えるから問題ないのかな。電子書籍とかその気になったらいくらでも誤魔化せそうだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

cycle | あばうと | てっく | ラグビー | 寝言 | 戯言 | | 智慧袋 | 甲州街道