戯言

2015年5月13日 (水)

シェア

近頃、通勤中に住宅地から異人さんの団体が出てくることが何度かあった。物珍しそうに景色の写真を撮ったり、記念撮影したりしているので、旅行客なのであろう。
特にホテルも無いところから出てくるので、あぁ Airbnb なのかな、と。

ちょっと前に見たときは国内に8000室だかいう話だったから、今なら1万超えているのかも知れない。以前、某検索ポータルが同じビジネスモデルに手を出しかけて引っ込めて執行役員だかが法律に逆ギレしてた気がするのだけど、要は一般の部屋を旅行者とかに貸し出して宿泊料を取ろうというビジネスですね。
日本では1ヶ月とかの賃貸で無い場合は旅館業法に則った登録や運営が求められるんだけど、自転車の二人乗りみたいなもので、怒られないからやっちゃおうっていうのが現在のステータスだと理解している。

後、Airbnb の代行サービスとか、駅や空港への送迎サービスとかやり始めてるベンチャーとかもあるらしくて、それタダの白タクやん、と思うんですがね。

ガンガンやっちゃえ議員が賃貸住宅宿泊利用に注目発言

何か内閣大臣補佐官がインタビュー受けてて、これがどの程度本人の発言そのままなのか分からないんだけど、言ってることが結構ハチャメチャな気がするなぁ。事業者が気をつければいい、みたいなニュアンスだけど、その事業者が嘘ついてないか、悪いことしないかっての制限するのが法律ではないのか。何か流行に乗って勢いで話してる俺最先端、みたいな51歳なんだろうか。

個人的に規制緩和ってのは歓迎なんですがね。大家目線で言ってもチンタラ月額家賃で交渉受けたり、一旦貸したら家賃滞納されても追い出せない、なんてのよりは、1日幾らで家賃より利回り良く回せた方がいいでしょうよ。
一方で、旅館業法は旅館・ホテルと宿泊者を守ってきたわけですよね。もちろん、参入障壁にもなっていたと。これで「ガンガンやっちゃえ」でも良いんだけど、後でトラブルに巻き込まれた国民や旅行者に対して「自己責任だ(キリッ」って言いますよ、っていう宣言もセットでしておいて欲しいよなぁ。
あと、現状だと大家が捕まるリスクがあるのだから、「ガンガンやれ」と言うんだったらそこら辺は安心してやれるようにすべきなんじゃないの?

東京五輪当て込み無許可ホテル経営 英国籍の男逮捕
こうやって、その気になれば旅館業法違反で逮捕できる訳ですから。ホスト側としても怖いよね、いつ「その気」になるか分からないってのも。

後は泊まる側も何されるか分からんし、泊める側もトラブルに巻き込まれるかもしれんし、ってとこが自己責任で腑に落ちているなら良いのでは無いでしょうかねぇ。
Airbnb Renters From Hell Destroy Couple's Home In Just Three Days

マンション管理規約とか損害保険の条件とか賃貸契約書とか色々変わってきそうだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 8日 (金)

マネジメント

連休中はどこにも行かず、衣替えと近場の散歩のみだった。何か12月にスター・ウォーズの新作が、とかテレビで言っていたので、そういえば1〜3をちゃんと見てないなぁ、と思って見てみることにした。
3は学生時代の知人が「嫁がスター・ウォーズに付き合ってくれない」とか愚痴ってたので、早朝の川崎で見たんだっけなぁ。

あぁ、CGすげーなーと思ってぼんやり見てたんだけど、3 ぐらいからマネジメントについて考えさせられますね。狭義の能力があるんだけど、判断力が未熟な若者をどう育てるか。「お前にはまだ無理だ」を繰り返してると反発しますよねぇ。ある程度明確に「これに成功したら、今度はこれを任せてやろう」というマイルストーンの提示が必要だったのかどうか。
でも、もう少し考えるに、大企業が向く人、ベンチャーが向く人など、どういう組織にフィットするかというのは適性があるような気もする。かく言うオイラも1000人規模の企業でイマイチ上手くやっていける気がしなかったもんな。

ただ、ジェダイ評議会は恐らくベンチャー規模なので、そこでも上手くやっていけないとなると、アニーは社長向きって感じだったのかも。「社長向き」ってのは別に社長になったら成功する訳じゃ無くて、社長にならないと納得いかない気質の人。被雇用者として働いてても組織の欠点とか文句とかしか出てこないのよね。

ただこれが4になると一転して皇帝閣下に大人しく付き従ってたりするので不思議なところではある。あれかな、社内ベンチャー任せてやるとか言われて、とりあえずやり甲斐見つけてる感じなのかしら。
まぁ、4には皇帝ほとんど出てこなくって実質ベイダー卿がトップに見えるんだけど、トップの割には細かい仕事するしなぁ。最後クリクリ吹っ飛ばされるところとか。

そんな感じで12月まで5と6をどっかの週末で見ようと思ってるのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 7日 (木)

飛び込みの方法論

連休初日は味スタに居た。諸事情によりお世話になった川崎との多摩川クラシコ。
16時開始とはいえ、オイラの席は西日直撃でこんがり焼ける場所。帽子を取ったら眩しいし、被ってると額の辺りが汗ばんで気持ち悪いしという個人的には最悪のコンディション。

42000人を超える人出だったということで、ビールも買えず。後半遅れてきたHさんから謎の酒の炭酸割りをもらって何とか水分補給といった感じだった。
試合は大久保が記念のゴールで先制するも、後半ボロいディフェンスから1人退場した川崎が押し込まれて太田のFKから2失点。東京が逆転勝ちした。東京は川崎の強力アタッカー対策として真ん中を固めてサイドを緩めに。でも小林の対面の太田は余り上がらずむしろこの日は消えていたレナト側の徳永が積極的に上がる感じだった。川崎がサイドに流れるとSBが相手をしながら羽生や米本が寄せて潰すといった感じ。
川崎は風間監督の話が良く出るけど、もっと前の時代から前掛かりなのは伝統芸なので、やっぱ縦に出てきた時の迫力が凄い。一方でディフェンスのための組織の走りはしないので、相手ボールにはとりあえず一番近い奴が詰める、といった感じ。結果、東京の網に引っかかると、急いで取りに行って後ろからタックルしてファウルというのが悪い方向に出たようだ。

この日、連休初日だったのだけど飛田給駅で飛び込みがあったということで、帰り道味スタから駅までの動かない集団の中でHさんと「なんで連休初日にねぇ」なんて話をしてた。
で、話は流れて、飛び込みってどのタイミングがベストなんだろうねぇ、と。着地したところをスカートで弾かれるのか、飛び込んで空中にいる時点で撥ねられるのか。後者は中々タイミングが難しそうだけど、そもそも飛び込む人ってリファレンス無しでやるのが大多数だろうしねぇ。

そういえば、小学校の時とか、走り幅跳びで踏み切れない人がいたような。ああいう人は飛び込めないのかな。ある意味安全。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月27日 (月)

メール

オイラが携わったシステムのサービス運営から問い合わせ。

メール通知が届かないという会員がいる、とのこと。

ちょっと調べたら、メールは送ってる。アドレスは携帯キャリアドメイン。
念のため会員からの問い合わせメールを転送して貰ったら、迷惑メールが多くて受信しないようになったらそちらのサービスのメールも届かなくなった、でもおたくのサービスは必要だから送るようにしてくれ、と。

要はキャリアメール以外受け取らないとか何かしたんでしょうな。ちなみに50代女性。

知人にやってもらったのか、携帯ショップに持ち込んだのか、自分では何が変わったか分からないままに設定されたんだろう。
こちらからのメールを受け取れないので、こちらからの連絡は出来ず。携帯ショップに持ち込んで相談してくれということもお伝え出来ず。終了です。

SPAMやらエラーやら含めメールってシステム屋的に非常に不便な部分があるんだけど、まあ使い続けられてるんだよなぁ。え?Google Wave って何それ美味しいの?

ということで、よく分からんことはしないことですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月24日 (金)

タダ飯

不動産業界の知人から聞いた話。

自称投資家と名乗るオッサンがいるらしい。で、不動産会社に電話掛けてきて「オタクの掲載してるこの物件に興味があるんだけど」という問い合わせをするらしい。まぁここまでは普通だ。

通常ならここで、現地案内とか内見とかになるんだろうけど、オッサンは「自宅の最寄り駅まで来てくれ」と言うんだそうな。おかしな話でもあるんだけど、自分が住む家を探してるわけじゃ無くて、投資家なので実物見ないで買う人もたまにはいるらしい。
まぁいくつか物件資料を持って駅まで行くそうな。すると「立ち話もなんだから」ということで、喫茶店とかファミレスとかで話すことになるんだけど、結局オッサンは最終的に売買の話などせずに、結構ガッツリ食って帰ってしまうらしい。当然のように食事代は不動産営業マン持ち。

これが 1つの会社だけじゃなくて、いくつかの不動産会社が被害にあってるらしく、酷いのだとトイレに立って戻って来ず、その後電話が掛かってきて「急に用事が出来た」とだけなんだとか。

タダ飯食えるとは言え、見知らぬオッサンと飯食って楽しいんだろうかと思うんだけど、色々考える人はいるもんだなぁ。
今日もスケジュール帳見ながら、どこかの不動産会社に問い合わせしてるんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月23日 (木)

文化人と選手

そもそも文化人とかコメンテーターってのが謎なんだけど。その議題の専門家でもないのにな。
プレー中にぶらぶら 日ハム中田のネックレスに「不快」と苦言

「よく運動選手がしているような短いものならまだしも、そんな長いジャラジャラしたネックレスをされたら、見ている方の邪魔になりますよ」と、プロ野球ファンの作家・麻生千晶氏がこう言った。

記事全体を読むとこういう内容の記事を書きたくて、誰かそういうコメントをしてくれそうな野球ファンを探したように見えるけどね。

この麻生氏、誰か知らないので調べたら、作家と書いてあるけど代表作っぽいものが有るわけでも無く、こういう批判をするのが仕事のような人で御年77歳だという。立派なことで。楽しく生きてきたんでしょうかねぇ。とりあえず、夕刊紙的には便利そうな人だ。

さて、当の中田翔はあの顔と雰囲気ながら26歳という。麻生氏が51歳の時に生まれてる訳で、息子以下ですね。下手したら孫か。そんな婆さんに何か言われてもねぇ。

以前、ブンデス見るためにCSのフジを見てたときも思ったんだけど、プロ野球ニュースってのが、何かオッサンが飲み屋でワイワイやってる感じで、それはそれで何とも言えない良い感じなんだけど、笘篠とか橋本とかが若手な感じでね、いいですね。

思うにプロ野球ってもう70年かそこらやってるわけでしょう。元プロ野球選手だってお年で亡くなっていくしね。そのファンだって死んでいくわけです。そんな人達に支えられたり解説されたり批判される20代30代の選手達。

Jリーグはこないだ20周年、ラグビーはトップリーグ10周年って言ってたし、正直来年のスーパーラグビー参戦がメディア経由で周知される最初とも言えるからなぁ。ロードレースは…

サッカーとかも後20年ぐらいしたら誰あの人?選手だったの?みたいな70代の元Jリーガーが意味不明な野球選手批判とかする時代が来るんでしょうかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月21日 (火)

トラブルシューティング

米をといで炊飯器にセットして炊飯ボタンを押してしばらくしてから、台所に行ったところで見てはいけないモノを見てしまった。

忘れられた炊飯器の内蓋。

外して洗って取り付けるのを忘れてたわ。そのまま炊飯してるわ。

一瞬にしてどうしたらいいかを考えた結果、取った行動は炊飯器の蓋を開ける、だったのだけど、その前に炊飯を停止してしまった。非常に後悔した。トラブルシューティングにおいては落ち着いて、もっとよく考えて行動するべきだった。

内ぶたを付けて、もう一度炊飯ボタンを押したんだけど、きちんと炊けるかどうか非常に不安。
そもそも内ぶたが無いまま15分だか進行してしまって手遅れではないのだろうか。下手したらこの2合の米を捨てることになるんだろうか。一度スイッチ切ってしまったけど、この炊飯器はどういうセンシングで炊きあがりを決定するのだろうか? 昔だったら時間だけで行けただろうけど、近頃の奴だから温度とか気圧とか色々勘案して演算の結果で出して来そうだ。蓋開けたときに内圧さがっただろうしな、何と言っても一度スイッチ切ってしまったら resume も出来ないだろうに。だったらスイッチ切らずに開けて内ぶた取り付ければよかった。

そんなことを色々考えて、結局30分後ぐらいにエイやと開けてみた。

ちょっと硬めでしたが問題なく食べられました。芯も無く。食べ物を無駄にせずに済んで良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月20日 (月)

ユザワヤ

デニムに穴が空いたというのを書いてから、別のデニムにも穴が空いた。更にお気に入りのブーツも浸水するようになった。で、週末気がついたらソファーにかけてた布が破けてた。

ソファーに裁ちっぱなしの布をかけてカバー代わりにしてたんだけど、それに穴。前の引越の時だから7年ぐらい前になるのか、ソファー買って、汚れそうだからとカバーを掛けることを考えた。んだけど、カバー作るのも面倒だし、とりあえずユザワヤに行って見える範囲で一番安い生地を適当に切って貰って掛けてたのよな。今思えば、行き当たりばったりにしては良いチョイスをしていたんだと思う。

ということで、久々に蒲田へ。もう良く覚えてないけど地図を頼りに行くと5号館。外に各館の取り扱い一覧が貼り出してあるので見ると、5〜7しかない。あれ?と思ったけど、そういうものらしい。10とか11とか無くなったんだそうだけど、そもそも1号館〜4号館はどうなったのかしら。謎のままである。

で、○○生地とか書かれても何も分からないので、グルグル回って鉄道模型フロアに吸い込まれそうになったり、気がついたら「フロントホック」とか売ってるところに立ってたり色々したんだけど、7号館のそれらしきエリアに到着。ってか最初から7号館に入れば良かった。

同じ生地を探したんだけど無い。ど素人なので、今掛かってる生地が何という名前なのか、素材すら分からん。とりあえず同系色で一番安そうで、すぐに擦り切れたりしそうにないものを見つけて意気揚々としていたら、幅が足りない。え、と思って色々見たら生地によって幅が違うんだなぁ。ということで、また探し直してやっと見つけてレジ、の前のカットの行列にならぶ。

あの生地を切るオネーサンとかオバサンとか凄いなぁ。ハサミの技術もさることながら、みんな手芸とか洋裁が趣味の客が来るのかと思ったら逆に素人の方が多いみたいで。オイラみたいに真四角に切る人はほとんどいなくて、幼稚園で配られたのか雑誌の付録なのか「スモックの作り方」みたいな紙を出して来て「これを作りたいんだけど何メートル必要かしら」とか、布のカバンを取り出して、手提げを変えたいんだけど、どれぐらい買えば良いかとか、そういう相談を逐一受けて、その場で答えてその場で切って値札付けて渡すって言うね。

オイラが依頼した生地は値札が外れてたらしく、オネーサンが型番検索とかしてる間に隣に来た男子。30ぐらいで小太りの眼鏡なんだけど、「ちょっとマントを作る必要がありまして」とテラテラした生地を渡しててちょいと面白かった。コスプレならコスプレで、妙な婉曲表現しなくても良さそうなのに。オバサンが「じゃあ、丈の2倍は必要ですね、何センチぐらいのをお考えでしょう」なんてさっさと進めていくのがまたステキでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月15日 (水)

防災無線

都心部の防災行政無線をテレビで配信

そもそも防災行政無線は、災害時に警報や注意報、避難指示などを行うための無線システムだが、都心部では周囲の騒音にかき消されることも多かったという。

まさにこれ。騒音よりもビルやマンションの反響のせい。

地方に行くと「農家の寄り合いが始まります」「老人が行方不明です」「熊が出ました」みたいなのをクリアに聞けるのだけど、オフィスの近くは街宣車やデモのシュプレヒコールみたいに何を言ってるか分からない。どうでもいいけど、シュプレヒコールのヒステリックなBBAの叫び声って何で判を押したように同じ周波数特性なんでしょうね。あれがデモ向きの声なのかな。

で、夕方5時の夕焼け小焼けはワンワン反響しつつも分かるんだけど、言葉は全く聞き取れない。何か鳴ってるなというのは分かるんだけど、「防災訓練です」なのか「これは訓練では無い、繰り返す!」なのか分からないので、ぼんやりと不安な感じがしつつ「まぁ大丈夫だろう」と思ってたら光化学スモッグとかいう感じ。

いざという時に肝心の警報などをしっかりと届けられるように、広く普及している地デジTVを活用し、聞こえにくかった防災行政無線を補完することを目的としている。

なんでテレビなのかと。オフィスのある区では災害情報を twitter で出してるんだけど、台風が来てます、川の水位が上がりました、みたいなのしか流さないので季節限定アカウントみたいになってる。
防災無線の原稿を流すぐらいすぐだと思うんだけど、お役所一流の越えられない何かがあるんだろうなぁ。せめてホームページに即刻音声ファイル上げるとかしてくれても良いものなのに。

ま、そんなコンクリートジャングルで今日も仕事してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月13日 (月)

BEAMS/UA/GAP

こう寒くなる前、ポカポカ陽気で桜が満開になる前ぐらい。
この時期着るシャツが少なくなったなと思い、散歩がてら買い物に。なんつーか長袖のカジュアルなシャツです。

渋谷に居たので久々に坂を上って BEAMS に行ってみるかと。何年ぶりか分からないけど、前はもっと BEAMS エリアって感じだった気がするんだけど、店縮小したのかな、こんなもんだったかな。色々見たけどなんか良く分からない柄とか多くて早々に退散。うーん。

そのまま坂を下っていったら United Arrows があったので入ってみる。さっきよりはいいかな。でもどこにでもありそうなギンガムチェックで2万近いシャツとかよぐわがんねな。逆に1万以上出してまで欲しいデザインのものは見当たらず。惜しい感じだけど退散。

2店舗(BEAMSは2つ入ったから正確には3店舗か)見て、何となくイメージがハッキリした。1万超えてても良いものだったら買うかもしれない、でも、ボタンホールなりカフスなりに工夫があるとか、何かないと1万の価値はないと思ってる。胸のところにノッペリと横断する差し色とか悪趣味なのは要らない。

とりあえず家にあるシャツで着回すか、と思って更に坂を下ろうとしたらGAPの店の前でSALE中だと叫ぶオネーチャンがいた。何の気なしに入って、出てきた時はシャツを2着買っていた。UAにあったのとほぼ同じ柄のチェック1着と単色のシャツ1着。2着で税込み3500円ちょっとだ。

繊維商社通してる中途半端なとこよりSPAの方が製品管理ちゃんとしてるとか言うしな。もちろんパクリのデザインも多いんだろうけど、安くて手が良ければ消費者側は無問題だ。UAはともかくBEAMSは売れ筋に寄せていったけど値段は下げられないような中途半端なところにハマってるように個人的には思えた。オイラの思う「良い」シャツというところでだけだけど。

この辺り、例の大塚家具騒動にも近い感じかしらね。超高級嗜好でもなく、SPAでもなく。着地点はどこなのかと。

ちなみに帰って着てみたら、少しだぶっとしたデザインで正直好きでは無い形だった。ヨーロッパ系の脇から下がピッタリ目のシャツとアメリカのダボッとしたシャツの違いなので仕方ないんだろうけど。ま、安いので文句は言えないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

cycle | あばうと | てっく | ラグビー | 寝言 | 戯言 | | 智慧袋 | 甲州街道